平九郎茶屋の由来に触れて

Photo
深谷市の渋沢栄一記念館に来ています。写真の武士、栄一の義弟(妻の弟)であり養子でもあった渋沢平九郎です。
この方、実は、幕末に官軍と戦って越生の山中、黒山の地で自刃しています。
奥武蔵グリーンライン、マイ坂道練習コースの折り返し地点である顔振峠の茶屋である平九郎茶屋の名前の由来となった武士であり、マラソンの練習のため、いつものように峠の茶屋で肉うどんを食べて、さて、復路にむけて出発しようとしたところ、店内に掲げられているこのイケメンの武士の写真が目に入りました。
平九郎茶屋さんの名前の由来になっている 烈士「平九郎」さんでした。
確かにイケメン、そして渋沢? 渋沢栄一という明治の偉人の関係者ということらしいです。
そもそも渋沢栄一さんがどんな方なのかもよく知らなかったこともあり、ネットで調べたうえで、翌日(今日)深谷市にある渋沢栄一記念館を訪ねました。(平九郎企画展開催中)
平九郎さん、渋沢栄一が海外(パリ万博へ派遣中)に行っている留守中の政治的な激変の中で、身代わりのようにして亡くなった・・・ということがよく判りました。
渋沢栄一、尊王攘夷に燃えながらも、最後の将軍となった一橋慶喜公に仕えることとなり、パリ万博へ幕府から派遣されてしまい(その最中に明治維新)、その留守中に兄弟縁者が自分の身代わりのようにして新政府軍と戦い(平九郎戦死)、その明治新政府のためにフランスで獲得した知識を活かして大蔵省で尽力し、その後、経済人として大活躍して長寿を全うしつつ国のために尽くした。
波乱万丈の人生
ここらへんの事情を詳しくドラマにしているのがTBSの「雲を翔びこせ」という歴史ドラマ
知らなかった。渋沢栄一、もうすこし、評価されても良いような・・・
(自分が知らなかっただけかも?^^;)

|

関東ふれあいの道(筑波山塊縦走路)

Img_20180323_113027_r
筑波山にハマってます!?
唯一、1000m満たない百名山ということで、しかも山頂までケーブルカーとかロープウェイで行ける観光地でもあり、登りたいなどとは思っていなかったお山です。
試しに? 一回だけ登ってみたら、意外にも良かった!
Img_20180323_115447_r
植生が良い(植林されていない自然の様子、ブナ林などがある)
Img_20180323_110451_r
独立峰ゆえに登山口から山頂までの高低差もしっかりとある
Img_20180323_113950_r
ケーブルカー付近からの代表的な登山道はよく整備されている(され過ぎている?)観光客も多いが、裏側とか中腹を一周するコースは自然豊かで雰囲気が良い
Img_20180424_084146_r Img_20180424_101915_r Img_20180424_101439_r
筑波山塊ということで、北に連なる足尾山、加波山、燕山、雨引山をこえる縦走路の30kmコースは、別の魅力がある(歩きごたえのある)コース
Img_20180428_094227_r Img_20180428_101307_r Map

ということで、3月末から、何度も何度も w

|

空海(KU-KAI)

Kukai_2
 
久々に映画館に行ってきました。

「空海 -KU-KAIー 美しき王妃の謎」

空海 は、学生時代に司馬遼太郎の「空海の風景」という小説を読んだこともあり、そのドラマチックな生涯について感動したこともある、憧れのお坊さんです。

お坊さんに憧れ? というのもちょっと変ですが、たとえるならば、野球で少年時代からメジャーリーグでのプレーに憧れて、その夢を現実化した”時の人”「大谷翔平」選手!に対していだく憧れとか尊敬とかと同じような感覚でしょうか。

ちょっと(かなり?)想像していたものと違ったためにガッカリでした。

平日の昼間の映画館、10人程度の観客のほとんどは、「空海」というタイトルに期待してやってきているような客層(自分を含めて、お年寄り?)でありましたが、その空海に関してのドラマチックな生涯については、ほとんど描かれることなく、亡霊とか、幻術とか、楊貴妃に関することとか、長恨歌とか・・・   

邦画タイトルには「空海 -KU-KAI- ・・・」となっていますが、内容的には「楊貴妃」に関する(美しき王妃)謎解きがメインであり、空海については物語のナレーター、進行役?

途中で中座したくなるのを我慢しながら

いったい、なにを見せたいの?

タイトルの空海は何のため?  
(中国向けのタイトルには空海という文字はなく、妖猫伝?)

日中合作にして、中国人向けには楊貴妃を前面に打ち出し
日本人向けには空海を前面にして宣伝して集客する・・・?

たんなる客寄せパンダ(空海)?

映画をみて、こんなにガッカリしたのは 「パンドラの匣」(太宰治)以来・・・

|

«祝!フルマラソン日本記録更新♪(設楽選手おめでとう!)