« 妻がオタクだったと知った日 | トップページ | ベニヤカヌー製作(4) »

安政遠足侍マラソン

遠足と書いて「とおあし」と読む侍マラソンに行ってきました。群馬県の安中市の文化センターをスタート地点として旧中仙道を辿るレースです。もともとは安中の藩主板倉候が藩士の心身鍛錬を目的として安中城内より碓氷峠の熊野権現までの七里の道のりを走らせてその着順を記録していた「安政遠足(とおあし)」。その記録が昭和30年に発見されたときに地元の有志が保存会を組織して復活させたとのことで今年で34回を数えるそうです。

侍マラソンということで侍装束の仮装をはじめとしてさまざま仮装での出走が奨励?されており着順以外にも仮装の創意工夫が入賞の対象となります。

001

雨の中の開会式となったため、ステージ前への集まりが芳しくなかったですが・・・ この日のために凝った仮装装束の来賓(市長?)の方々からお祝いの言葉をいただきます。

003

参加者はお互いの装束を褒め称えながら互いに写真撮影^^

凝ってますね~^^

002

昨夜からの雨は朝になっても降りつづけ、ちょっと寒い。スタート直前まで体育館や文化センターの中に待機している人が多かったです。

主催者や来賓の方には悪いな~とは思いつつもこの雨の中での開会式はちょっと・・・

004

レース?は国道18号線にそって走っている旧中仙道を辿っていくゆるやかな登り基調の道となります。途中の安中原市の杉並木。昔は七百本以上あったそうですが今は十数本を残すのみとのこと。

007

途中から雨も小降りになり、ほとんど気にならないくらいになりました。晴天下では(仮装でもあるため)暑くて大変らしく、今年は涼しくていいね~という感想を口にされた方がいました。写真のTバックの仮装?は金太郎さんです。(同じくらいのペースだったので)沿道からの声援が羨ましかったです。 わたしにはちょっと金太郎になる勇気はないですが・・ ^^

この大会は参加者のほとんどの人が仮装で出走していますので、ランナーの仮装パターンについていろいろ観察することができました。

1 時代劇系の仮装(わたしがこれ)

2 アニメなどのTVキャラクターの仮装

3 職業・制服系の仮装

4 動物系の仮装

5 植物系の仮装

6 女装系の仮装

7 その他

それにしても創意工夫にあふれた見事な仮装が一杯でした。群馬県には地芝居という風土があると聞いたことがありますが、県民性なのかな^^

また地域との一体感があるな~とも感じました。私の前を走る仮装をしていない普通の女性ランナーがコースを離れて応援をしているお年寄りにかけより「○○さん、久しぶり~、最近デイケアに来ないじゃないですか~。来てくださいね~♪」とかいう光景がありました。また団体で参加している医療着姿のお医者さんたち?が病院の名前を連呼しながら走っていたり、小学校の先生達が子供たちの声援を受けながら走っていたり。

タイムは二の次のほのぼのした光景がつづきます。

009

慣れない地下足袋に右足の爪が悲鳴をあげはじめたころ、ようやく関所跡に到着です。

011

今回は関所コースだったので、このあとで2.5Kほど行ったところにある坂本宿ゴール地点で終了。

完走書を受け取り、別途輸送されていた自分の手荷物をもらい、引換券でお弁当をいただきました。お弁当は釜飯で有名な「おぎのや」製。おかまにこそ入っていませんでしたが釜飯と同じ内容で美味しい♪ その後バス、電車、バスでスタート地点まで輸送していただいてレースは終了です。磯部にあるお風呂(温泉)の招待券を使って汗を流し帰途につきました。

帰り道で寄った貫前神社。さすがは一宮! 風格あります^^

017

|

« 妻がオタクだったと知った日 | トップページ | ベニヤカヌー製作(4) »

ランニング」カテゴリの記事