« ほどよく脚を壊すために? | トップページ | コバンザメ »

鎌北湖周回コース(20km)

高麗神社を基点とした奥武蔵の山道での坂道トレーニングコース、幾つかのバリエーションをつくりながら走っています。

今日は、一周が20kmとなるようなコースを開拓しました。
Map Map2


「20km.KML」をダウンロード

基点の高麗神社。Sh530010 健康と安全を祈願して(ご挨拶して)から、階段下のところをスタート地点とします。神社の参道は歩きましょう^^(走らない!)

Sh530001




日和田山周回とは反対側、毛呂の方向に向かって走ります。最初の2kmはゆるやかな下り道がつづきます。(歩道がないので車に注意が必要です。)

Sh530011
高麗川カントリークラブの手前からゆるやかな上り道となります。
写真は3.5km地点あたり。




Sh530012 3.8km地点でT字路になります。左に行くと宿谷の滝。ここを右に行きます。

Sh530013







T字路から200m先くらいで道は左方向に曲がっていきますが、その曲がり角に素朴なお地蔵さんと史跡がありました。
Sh530014
Sh530015 Sh530016 Sh530017






お地蔵さんの顔がちょっと人間ぽくって・・・ そこらへんの村のお爺さんって感じです^^

史跡をすぎると埼玉ゴルフカントリークラブの中央を横切る形で道がつづき、ほどなくして毛呂山総合公園の体育館が見えてきます。
Sh530018 Sh530019
Sh530020
公園の駐車場の脇にあったトイレ、紙も用意されておりよく手入れ(掃除)されたきれいでした。和式のステンレストイレ 笑)



Sh530021
この公園の体育館前は、奥武蔵ウルトラマラソンのスタート&ゴール地点となっています。 ここまで丁度5km

ここから鎌北湖方面にむかって上って行くわけですが、今回は県道に沿った遊歩道を探索してみました。
Sh530022
5.2km地点に県道から左にそれる細い道があります。
Sh530023
この遊歩道、鎌北湖が堰き止めている川の右岸を走るかたちになりますが、気持ちのいい里山の道といった感じです。
Sh530024 Sh530025






やがて車が通れない完全な遊歩道になり杉木立の中に入っていきます。
Sh530027
Sh530028 Sh530030
遊歩道は木々の根っこで盛り上がっていて足元が悪いです。(けつまづきます。)

要注意!


渓流沿いに遊歩道がつづきやがて鎌北湖のダムの下に辿りつきます。
Sh530032 Sh530033 Sh530034
ロックフィルダム(かな?)の最後の上り坂がちょっと大変 ^^; 大汗かきながら登ったところで丁度7kmとなります。




Sh530035

Sh530037
この写真は遊歩道ではなくて普通に車道を走ってくるとここに出ます。このポイントは奥武蔵ウルトラマラソンの最終エイドポイントが設置されていた場所でした。

Sh530038 Sh530039
このT字路の山際のところに湧き水が飲めるようになっています。水道じゃない天然の!給水ポイント♪
つめたくて美味しいです^^



天然の給水ポイントで一息いれてから奥武蔵グリーンラインのコースを上っていきます。
この鎌北湖からの上りはかなりキツイです。
Sh530042

Sh530043
Sh530044

081009104011
081009104022



グリーンラインを2kmほど走るとY字路の分岐点があります。グリーンラインは右の顔振り峠(上り)方向ですが、そこを左(下り)の日高方面に進みます。

そういえば、このポイントも奥武蔵ウルトラマラソンのエイドのポイントでした。^^

この場所が、今回の20km周回コースの最も標高が高い場所となりますが、ここから5km走る間に物見山と日和田山の2つのピークがあります。坂道トレーニング周回コースの本領発揮?的な区間となります。
Polar


081009104907

081009105517 写真は物見山ピークのあたりの11.5km地点





物見山と日和田山との間の谷の部分に湧き水が飲める場所があります。
Sh530045 Sh530046 Sh530047






ここからの日和田山への上り坂が結構キツイ ><
Sh530048 上りきったところにある立体交差?ですが、この上を通っている道を左方向に行くと日和田山の最高地点に立てられたNTTの無線中継局があります。(一旦そこまで行ってから引き返すようなコース設定をしています。) この途中の道は日和田山の登山道でもあり登山客のための茶店(売店)や休憩所、トイレがあります。

Sh530049

Sh530050 Sh530051 Sh530052

 

茶店と休憩所をあとにして最後の上り坂をあがっていくとNTTの中継所のアンテナが見えてきます。

Sh530053 Sh530054 Sh530055

アンテナの近くの最高点まで行った場所が折り返し地点。

眺望ききます。^^

Sh530056 Sh530057

ここから4kmくらいは延々と下り道がつづきます。安州寺の脇を通って沢沿いの車道を下っていきますが、この車道の途中には人家があって、ときおり自動車が通ります。道幅は狭くて傾斜がきつく、木立の間の道は昼でも暗くて足元が(とくに雨天時などは)悪いです。要注意!! 決してスピードを出すべからず!(トレーニング負荷の面でもそのほうが良いです^^)

Sh530058 Sh530059

この下り坂を降りきった場所が高麗川沿いの道となります。

逆コースで上っていく場合に目印となるゴミ集積場所と標識がこれ。

Sh530060 Sh530061

Sh530062

今、降りてきた道を振り返って撮ったのがこの写真。

コースは高麗川に沿って巾着田の方向に下っていきます。

Sh530063 Sh530064

県道にぶつかった場所がちょうど巾着田の巾着の入り口部分になるわけですが、すぐに左折し高麗神社方向に進みます。18km地点、あと2kmで高麗神社です。

最後の2kmは歩道のない車道の左側を走ることになります。ゆるやかな下り坂になっていて、聖天院を左に見ながら知らず知らずスピードが出てしまいます。車に気をつけながら最後ちょっとだけスピードトレーニング? ^^

Sh530065やがて出発地点の高麗神社の到着。ちょうど20km、時間にして(写真を撮りながらゆっくり走ったせいもありますが)2時間半ほどかかりました。

キロ7分超の理想的な(?) 坂道LSDでした ^^

実際に20kmをゆっくりと走った感想としては以下です^^

・トイレ、水場が要所要所にあり、困らない

・坂道の部分はかなりキツイ(ので無理はしないほうが良さそう)

・変化に富むコースのため飽きない

|

« ほどよく脚を壊すために? | トップページ | コバンザメ »

ランニング」カテゴリの記事