« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年 総括(反省 orz)

聞いた話ですが、日本人は反省好き?だそうです。

海外に生産拠点のある自動車会社の話だったと思うのですが、日本から派遣された(日本人の)管理職が反省会をしようと(現地人スタッフに)いうと。「え? 終わったことをくよくよと反省してもしょうがないだろう・・・・」という反応だったそうです。

やはり自分は日本人。反省好き? です^^; 
(反省するだけならサルでも出来る。というコマーシャルもありましたが 笑)

今年の正月、念頭の抱負として恥ずかしげも無くいろいろ書きました。

>2009年も、ゆっくり憩う(行こう^^) なんですが・・ 

>ちょっとだけ速く走ってみよう  かな? ^^;

すべての失敗はここに! ^^;

速さに色気?を出すと、予想どおり?故障の一年となってしまいました。 涙)

>■100m(60m)

>100m 現状(14秒55) → 13秒99

 目標の14秒切りには、すこし届かなかったです。

 電気計時で 14秒11

 手動計時で 14秒09

陸上トラックでのスパイクを履いての短距離への挑戦ですが、まともな練習を開始して一ヶ月たった5月の記録会において、走ったあとに激しい頭痛を発症するようになり、結局3ヶ月のドクターストップ(短距離練習禁止!)となってしまいました。ウォーミングアップの手抜きと練習時の水分摂取不足が原因だったようです。また禁止期間が明けた9月に走った(ろくな練習をせずに全力で走った)レースにおいてアキレス腱を痛めてしまいました。アキレス腱炎、以前にも経験があり一度痛めるとなかなか治らない orz

Jognote1

そんなこんなで 4月~8月の期間は月間100km程度の走りこみとなり、長距離のスタミナがガタ落ちになってしまいました。





>■5000m~ハーフマラソン

>目標
>5000m 現状(20分00秒) → 19分00秒(キロ3分48秒ペース) 

>ハーフ 現状(1時間35分くらい) → 1時間28分(キロ4分10秒ペース)

短距離でのアキレス腱の故障が長引いたため、スピード練習も走りこみもできなかったので5000mのタイムがよくなるハズも無く・・・ orz

秋合宿初日の10月末のタイムトライアルで 20分53秒 でした。

ハーフは走っていません。(また、高島平20kmもDNSです)

>■フルマラソン
>→ 3時間10分(2009年大田原での目標)

大田原は、アキレス腱痛のためろくな練習ができなかったので入金しませんでした。仮に走っていたとしてもサブ4できたかどうか・・

> 2時間59分(2010年荒川での目標)

サブスリーのターゲットレースである荒川マラソンまであと3ヶ月ありますが・・・コメントをするのも恥ずかしく ^^;

ということで、タイム的な欲を出して・・・いつものように故障した一年でした 苦笑)

-反省と教訓-

充分な練習が出来ていないのに無理して全力を出して走ると・・・間違いなく故障します orz

ただ、結果としては故障してしまいましたが、これまで経験の無かったことを経験したという点では、それなりに収穫はあった!? はず・・

・マスターズ陸上に正式登録して記録会に参加し 100、200、400 を走る

09052410502801









・所属陸協の記録会に参加して1位(100m)、2位(3000m)  ・・大きな声では言えない入賞ですが・・ 笑)

090905144343
090905144429











・川越市民駅伝で出走したチームが3位♪

091220195658_2


 






いろいろありましたが楽しいランライフでした ^^

Jognote2



 

 

カヌーは大宮カヌークラブの行事(那珂川カヌーツアー)に参加させていただき、本格的なカヌーツアーの醍醐味を体験することができました♪

来年は、初心に帰って ゆっくり憩う(行こう^^) ♪

|

忘年マラニック(冬枯れの比企丘陵、里山マラニック)

今年最後のマラニック、走友会(WGM)有志による忘年マラニックに参加しました。
スタート/ゴール地点は、練習会でいつも走っている高麗川大橋コースでの折返し地点にあるスーパー銭湯「ふるさとの湯」です。(このスーパー銭湯、とっても気になる存在でしたのでちょうど良かったです^^)

01  ことしで3回目?ということですが毎年すこしづつコースを変えて実施されているとのことです。今回は6市町村を通るコース設定がされているとのことで冬枯れの比企丘陵里山マラニックとなります。

企画、コース設定は池○さんのお世話になりました。駐車場でコース図をいただきコース説明をうけてからいざ出発です。

02 03 0000124

集合が8時45分、荷物を預かってもらったり集合写真と撮ったりして実際の出発は8時55分でした。今日は走るには最高のお天気、風もなく気温も丁度よいくらいでした♪

04 05
コースは電気大の坂を物見山方向に向かって上る道を辿りました。


電気大の坂を上る途中で前方から下ってくるのは・・あれ? どこかで見たような^^

Pic010  0000124_3

Pic011

 すれ違いざまにエール交換しつつ、岩殿観音の水場で第一エイドとなりました。

まだまだ元気です^^

Pic015 ここから先のコース、ちょっとしたトレイルランニングのような非舗装路をたどります。いつも春と秋に行っている小川町~坂戸マラニックコースを逆走するコースとなります。

Pic016 Pic017 Pic018 0000125






笛吹峠までは、わりと順調に走れていたのですが、そこから先、出発して15kmを超えたあたりから、微妙に左足のヒラメ筋あたりがうずき始めました^^; 右足の親指の爪も痛くなり始めました。この痛さ・・・以前にもやったなぁ・・ orz  黒くなって爪が死ぬ前兆の痛さです 苦笑) だましだましの走りに移行しつつスピードを落として・・あれ? スピードが上がってる? orz
Polar



Polar1


Polar2

鳩山町の文化センター?で休憩をしたあたりで、わたしとKさんとで別ルート(近道コース)とさせていただき、若干短めのコースとさせていただきました^^
Pic027
Kさん、普段の練習会でお話しする機会が少なかったので丁度良い機会♪ ゆっくりと世間話に花を咲かせつつ28kmを完走(完歩?)です。

後半に歩きを入れたお陰でダメージ最小限 ^^ いい感じでフィニッシュできました♪

0000126_3

アフターの「ふるさとの湯」 とってもいいお湯でした。天然温泉かな??

一年の最後、とてもゆったりと楽しいマラニックをありがとうございました!

[追記12/31]
WGM掲示板にアップされた紅小町さん撮影の写真を追加させていただきました♪^^

|

戦利品!?

12
マラニックから自宅にもどると、娘(長女)が、なにやら嬉しそうに本を読んでいました。何を読んでいるのか聞いても教えてくれません。^^;

どうやら冬コミ(冬のコミックマーケット?)で買ってきた本のようですが・・・?? 苦笑)

あとで、別の戦利品を披露してくれました。 お菓子らしいのですが・・・

だんだんとわたしの理解の範疇を越えた存在になっていきます  ^^;

|

忘年マラニック(東松山~荒川)

Map_2

















Jognoteの企画ランでいつもご一緒するラン友と一緒に東松山から荒川にかけての丘陵&河川敷のゆっくりマラニックをしました。

Polarの距離計(センサー)では28kmちょうど。あとからジョギングシュミレータでなぞった距離も27.3kmだったので割りと正確にキャリブレーションされていました。(日によって、ペースや天候によって微妙にズレることがあります)

赤城おろし(秩父おろし?)吹き荒れるなか、ウィンドブレーカを着ないと体温が吸い取られるようで困りましたが、着ると・・・汗がこもってしまってそれはそれで大変でした ^^;

Polar
マラニックなので、コンビニ休憩あり、他にも数回の小休止、歩きも混ぜて・・なのですが、今回もずるずる遅れて弱音を吐いて・・(毎度のことですが orz)

我ながら、このスタミナの無さはなんだろうか orz 

Polar1 Polar2  Polarの心拍グラフでも20kmを越えたあたりから、心拍数がじりじり上がっていく様子がはっきり読み取れます。

今の自分のグリコーゲン貯蔵量では、ハーフマラソンで尽きてしまう程度の容量しかないようです。地道なLSDトレーニングによって、グリコーゲン貯蔵量は段々と大きくなるそうですが、今現在は、「走りの器が小さい」ということのようです。

平均してキロ7分半くらいのペースだったにもかかわらず、あまりの疲労感で完全ノックダウンでした。 

ひさびさのおしゃべりジョグ楽しく走れて嬉しかったのですが、毎回のマラニックでのこの体たらく・・ちょっい落ち込みました  orz

|

キャビーナ、シートカバー張替え

091226122757

キャビーナ、(購入した時点ではブロードでしたが^^)最初からシートカバーに小さな亀裂(裂け目)があり、クッションのウレタンが見えていました。091226122842 キャビーナ、年数の経ったほとんどの車体で同じようにシートが破れているので、シートカバーの(製品の)強度的な欠陥?なのでしょう。

091226122908_2

シートカバー、海外製の安いものであれば5000円以下のものもあるようです。ちょっと高くなりますが、あえて純正品を注文し自分で交換することにしました。

純正品 9千3百円 ・・・ このまえ交換したウインドスクリーンが6万7千円 あわせて7万6千円 (お願いしたバイク屋さんに程度のよい中古のリード90が7万5千円 orz)

気を取り直して交換作業です。交換にはタッカー(ホッチキス?)が必要となります。

古いシートのタッカー止めの様子を確認し作業に備えます。

091226123037   091226123055091226123105

091226123010 

タッカーのピンをマイナスドライバーを使って一本づつ抜いていき古いシートカバーを外します。中から出てきたウレタンは、たっぷり水を吸って重くなって、カビが・・・・汚い orz

091226124512 091226124714

 タオルを押し付けて水分を吸い取り、しばらく乾かせたあとで新しいシートカバーの取り付け作業開始です。

用意しタッカーのピンの長さが長いために、打ち付けた時に大きな隙間が空いてしまいました。後でペンチでつぶして無理やり固定。あまりに見苦しく下手くそ作業なために詳細写真をアップするのを憚られます ^^;

出来あがり、あちこち皺が・・・

091226144942  091226144958

ま、こんなもんでしょ・・・・(私の腕前では・・・orz)

|

2010年 お年玉争奪マラソン大会要綱

今年の元旦、大好評だった(のかな? ^^;)お年玉争奪マラソン、またやろう♪ということで、いろいろ画策中です。

趣旨としては、一年の計は元旦にあり、ということで正月から皆で走って健康な一年を過ごそう~♪ ということですが、嫌がる家族を走らせるための にんじん(お年玉^^) を用意します^^

◆2010年ルール

・参加する(最低1周する)だけで、歳の数×百円玉

・30分間での400mトラックを周回回数×百円玉

・30分を越えた時点で周回途中だった場合は、最後まで走れば+1周として認める

・1位 千円札1枚、2位 5百円玉1枚、3位 百円玉1枚、4位 五十円玉1枚、5位 十円玉1枚

・審判報酬(周回タイム記録係り) 五百円玉1枚

ということで、審判をカミサンに押し付けて自分も走ります。そうすると、

へへ ^^ 新しいシューズが買えるぞ~

|

自宅基点の山坂30kmコース

Map00













アキレス腱炎もようやく完治し、封印していた山坂LSDが出来るようになりました。

「ゆっくり走れば速くなる」ということで、故障しない脚、フルマラソンの負荷に耐えうる地力を養成しよう♪とのことで山坂LSDを行っていきます^^

Map01「hidaka_kamakita30km.kml」をダウンロード
いつもは高麗神社基点での10km、15kmコース、あるいは20kmコースを混ぜながら30km程度の距離を踏むようにしていますが、今日は自宅(日高団地のロータリー付近)を基点としたコースとしてみました。

Map02自宅から高麗神社までの片道7kmくらいは傾斜がほとんどありません。日高団地を抜けて、旭ヶ丘に入り、ベイシアのところで左折してからは、ひたすら真っ直ぐまっ平らです。歩道がきっちり整備されていて走りやすい道です。最後、高麗神社手前の高麗川を越える場所で少しだけ下り坂となります。

Pic006
Pic008 Pic009




Map03
高麗神社を基点とした奥武蔵の山坂の部分の16kmについては、緩やかな下り坂から始まりますが、

Pic017 Pic019 Pic022

平沢運動場あたりから最初の上り坂が始まり、毛呂山総合運動公園(体育館)を経て鎌北湖へ向かいます。

鎌北湖への上り坂は、黒山鎌北湖駅伝の第一区コースと同じです。

鎌北湖のT字路から右折して(駅伝では左折しますが)奥武蔵グリーンラインを辿る部分は、奥武蔵ウルトラマラソンコースと同じです。

Pic023
T字路のところにある湧き水で給水し以降の急坂に備えます。


Pic026この鎌北湖からの最初の2km、バイブルキャンプのあたりまでの激坂は・・・ホントに辛い。キロ8分ペースまでスピードを落としても心拍数が160を越えていきます。>< 

この山坂コース、標高差300mのコース中で最も苦しい区間となります。

坂道の様子はポラールの心拍グラフの中に茶色の線で描かれています。(2つピークがあります) 

赤い細い線が心拍数のグラフ(=辛さグラフ ^^;)です。

Polar  

終始7分ペースとなるように、坂道では遅くなり過ぎないように頑張り、平地では速くならないようにセーブして走ったわけですが、往路での平地コースでの心拍数が120前後であるのに対し、復路での平地コースでの心拍数は140前後まで上昇しています。

体感的な疲労度もまったくその通りでした。 平地部分ではコンビニが何軒もあるのでエイド休憩の誘惑?に耐えながら・・・負けました orz

このコース(山坂周回部分)、個人的にはお気に入り&お勧めコースです。

一本松駅(東武越生線)の近くのスーパー銭湯「蔵の湯」を基点として、休日の山坂トレーニグ(マラニック?)として絶品? お勧めコースです。

Map04

「kuranoyu_kamakita30km.kml」をダウンロード

|

川越市民駅伝

001
走友会の一年の最後の行事は(先々週の黒山・鎌北湖駅伝が最後ではなくて)、川越市民駅伝が最終行事でした。ちょっとした勘違い? ^^;

エントリーし忘れていましたが、気がつけばBチームの第3走ということでメンバーに入れてもらってました。 

苦手の駅伝・・・・なんですが^^;

駅伝のコース、川越市陸上競技場の敷地の中のジョギングコースやトラックを使って2950mの周回コースが設定されています。(第一走のみ、トラックを一周分多く走ります。)

Map  「kawagoe_ekiden.kml」をダウンロード



先々週の黒山鎌北湖駅伝で第一区でもほぼ同じくらいの距離でしたが、これくらいの距離ですと心肺機能勝負となります。とてもキツイ走りとなることが予想されました。なるようにしかならない・・・です orz 

自分の走り、入りの1~2kmをセーブして後半に落ち込むことが無いようにしよう・・・最初の1kmくらいは、ほぼ計算どおりの走りでした^^ それでも、途中、何人か抜くことができました。
Pic016
写真は800m地点あたりです。

このあと、1kmをちょっと過ぎたあたりで、えんのおづぬさん!

「がんばれ~ 後ろから大東文化大が迫ってるぞ~。 周回遅れにされるタイミングで後ろに食らい付いていけ~!!!」

Pic017

・・って、それ、無理です 笑)

とは言うものの、箱根駅伝レベルの走りを間近に見る、というか、たとえ瞬間であっても同じレースに出走して競走?できる体験というのは大変貴重なことなので、無理を承知でスピードを上げて、追走を試みました。 5秒くらいで諦めましたが 苦笑)

Pic018
 写真は、あっと言う間に遠ざかった大東文化大の箱根駅伝ランナー

このときの無謀なスピードアアップで上昇した心拍数は一気に185を越えてしまい、なかなか下がりません。

ダメージ大きくスピードを落とす結果となりました。orz 

先ほど追い抜いた何人かに抜き返されて、ヘロヘロと競技場に入りました。ゴールまで先が読めた時点でラストスパート(血管切れるな!><)

抜き返された二人をトラック部分で再度抜き返してから襷をつなぎました^^

辛い、苦しい、遅い orz 修行が足りません 笑)

自分の記録ですが2950mを11分40秒、区間4位とのことでした。3分57秒ペースですが、このペースで走りきれる距離は3kmが限度です。^^;

Polar

チームの結果は、Aチームは1位、自分が走ったBチームも3位 ♪

014 091220195658

 今年、3個目のメダルです。

 最初の2つは、ちょっとインチキ?(一人しか出走していないクラスの1位、二人しか出走していないクラスの2位 ^^;)でしたが、今回は(チームの皆さんのお陰ですが)立派な3位、ずっしり重い銅メダルをいただきました^^

楽しい一日をありがとうございました♪

009 010 011 012


アフターで食べた喜多方ラーメン、おいしかったなぁ~~♪

013_2


|

さのマラソン2009(応援^^)

909907_2

さのマラソンの応援に行って来ました。

Jognoteの荒川の風コミュの企画ランや練習会でご一緒することの多いラン友が「ガチンコの勝負」をするとのことで、応援(野次馬^^;)に駆けつけた次第です 笑)

また、佐野の地は、自宅から割と近い場所なので来年のエントリー候補として考えておりそのための下見を兼ねています。

日高市を朝の6時30に出ました。映画の題名では無いですが「風が強く吹いて」いました。^^ 行きは交通量もすくなく会場の佐野運動公園には8時30分頃到着です。バイクゆえの寒さはさておき、自宅から近くて参加しやすい大会です。

さのマラソン絶妙なコース設定がされているようです。

Sano_map

 35km地点、フルマラソンにおける「壁」といわれるポイントからゴールまでの区間が下り基調のコースとなっています。疲れて脚が動かなくなる地点からゴールまでを追い風を受けながら走るような、地形(下り坂)による追い風が吹くのでは? 甘い想像をしておりました。

今回実際に走られて自己ベストを更新された方のコースに関する印象を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このコースは初参加ですが、おもしろくて過激。
15キロまではゆるい登りで、「もうだめだペースを落とそう」って頃に折り返しポイントで、一転、高速の直線下り「気持ちいい~」。
調子に乗って、いい加減足にダメージが出た26k過ぎから、またゆるい登り。
35k過ぎて、いちばん辛い頃にまた下りにかかって、そのままゴール!っと思うと、ゴール手前に小さなアップダウンが、ってな感じ。
所謂「中盤の中だるみ」「35kの壁」とかの、ペースが落ちるところではアメ(下り)を用意して、割と楽な前半とか、30k前のこれからが勝負!という気 を引き締めるポイントや、もうすぐゴールってときは登り(ムチ)が入るという、マラソンを知り尽くした傾斜設定が、ランナーの体力を最後の一滴まで絞りつ くすというコースでした。
鬼コーチが乗った伴走車が付いているようなもので、私のように、すぐにココロがくじけるランナーは、「ヒぇー」とか泣きながらも、うまくいけばタイムは出ます。でもダメージはひどい・・・。普段、自分に優しいランナーにはお勧めかも(笑) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特徴的なアップダウンは、うまく風(?)に乗った場合には、自己ベスト更新がしやすいコースのようです。ただし、そのダメージは大きい・・ ^^;

ところで、ゲストランナーの瀬古選手♪ 

ポケットからごそごそと小道具(S/Bカレー、S/B胡椒)を取り出しながら、

「皆さん、今日は怪我とか故障(胡椒)に気をつけて、キレイなフォームで華麗(カレー)に走ってください!」

おきまりのジョークらしいですが 笑)

|

風が強く吹いている(映画)

Kazega_2











数年前にランナーの間で話題になっていた三浦しおんさんの同名小説を映画化したもので、興味はありましたが小説も映画も見ていませんでしたが、走友会の顧問である青葉先生が出演(スターター役)していると聞き、公開最終日、会社帰りにすべり込みで映画館に行って来ました。

今年の箱根駅伝、明治大学OB坂戸支部往路応援ツアーに参加させていただいたこともあり、スタート地点の応援合戦の様子を楽しみ、電車を乗り継ぎながら途中区間で応援しながら最後は箱根の温泉旅館でくつろぎました。それまで箱根駅伝にはまったく興味無しでしたが、今回ちょっとだけ箱根駅伝の魅力?を知ったわけです。

さて、映画のストーリーはあちこちで紹介されているとおりです。「目差すは箱根駅伝。限りなくゼロに近い可能性に挑んだ、寄せ集め10人のキセキ」です。

箱根駅伝の宣伝映画なの? と感じぐらい忠実に箱根駅伝が表現されていました。

箱根を目差す大学陸上部の夏合宿風景、予選会の一斉スタート風景、上位10校の発表風景のドキドキ、往路スタート前のチアリーダーや応援風景、小旗がはためく都心コースを選手目線での撮影、駅伝コースの空撮、襷をつないだ後でバスタオルに包まれる選手などの中継所風景、箱根の上り坂、繰上げスタート etc

「ウォーターボーイズ」や「フラガール」などの映画は実話があって、その実話を下敷きにして作られていますが、「風が強く吹いている」の場合は完全にフィクションなわけですが、実際にはどうなのかなぁ~?  その実現可能性を考えながら、うぅ~ん・・・ 笑)

いくらなんでもそんな短期間で5キロを33分台だった走りの王子(漫画オタク)が、箱根駅伝の1区のランナーになることは・・・あり得んだろう~~ 
と、(原作に)突っ込みを入れたくなる訳ですが 笑)

市民ランナー的には(へっぽこ市民ランナーではありますが^^;)出演者(役者)の走りについて感心させられました。

映画化にあたっての裏話をネットで調べたところ、役者たちは「走りにウソがあってはならない」とのことで、毎日毎日へろへろになるまで走らせて、力みが抜けた後で撮影に入った? ご苦労さまでした。^^

原作でも一人一人の運動経験はサッカー部だったり陸上部だったりしますが、役者のプロフィールを調べると、陸上、サッカー、バスケット・・・ 

ムサを演じたダンテさん(ソフトバンク ホワイト家族のおにいちゃん)、スポーツ万能らしく陸上の短距離、100mを10秒4台のベストを持ってます。

カケルを演じた林くんの走り、実際に箱根駅伝を目差している某大学の陸上部の練習に参加して特訓したそうです。 映画では、あれ?(本物の駅伝選手なの?)っていうくらい綺麗な無理のない走り、体つきでした。

原作の素晴らしさと、映画化にむけたスタッフの熱意の結晶とでもいいましょうか、とても爽やかな映画でした♪

|

キャビーナのウインドスクリーン劣化

キャビーナ乗りの共通の悩み、ウインドスクリーンの小傷と曇り。

Windscreen

強い光を正面(頭上?)から受けたときに、スクリーン全体の小傷が白く乱反射して視界を遮って見えにくくなることがあります。危険です。

雨の日の夜、正面からの対向車のライトが上向きだった場合など、最悪です ><

このウインドスクリーンの小傷と曇りが出来る原因、2つあります。
どちらも経年劣化でありますが、ひとつはワイパーによる擦り傷、もうひとつは太陽光線による樹脂(ポリカーボネート)の劣化。

マイキャビーナ、昨年は1年間、不動車として雨ざらし&直射日光のあたる場所に放置していたために、いっきにスクリーンの劣化が進みました。

ウインドスクリーンが劣化したときのキャビーナ乗りの選択肢は、

1) 新品のウインドスクリーンと交換する  
   部品代だけで6万円 
2) 中古のウィンドスクリーンと交換する  
   ヤフオクで中古部品購入、その品質は?(ちょっとしたギャンブル)
3) ウインドスクリーンを加工する     
   視野の中心部を切り取り透明な樹脂を取り付ける
   (見栄えが悪い)
4) ウインドスクリーン(屋根)を諦める
   正面からの風よけ用の小さなサイズに加工する
   (これは、解決策では無い・・)
5) 研磨剤で表面の小傷を削り落とし磨きあげて再生する
   (失敗したら・・ 勇気が要る選択肢^^;)

5) でお安く再生できれば最良の選択肢なんですが・・

ポリカーボネートを鏡面磨きするのは、かなり難しい技術らしく、ある種のノウハウ? 金になる技術らしい? 情報が見つかりません・・ 

Telescope31ところで、30年前に、いまだ視力が2.0を誇っていた少年時代に、夜な夜な天体望遠鏡をかついで天文写真の撮影に挑戦していましたが、その頃、反射望遠鏡の自作本を購入して、反射鏡の作成(レンズ磨き)を計画していました。結局実現しませんでしたが。

そう、特殊な研磨剤を使って2枚の平面ガラスを擦り合わせて凹面鏡を形づくることができるくらいなら、樹脂表面の小傷を落とすぐらい何でもない?・・・ ハズ ^^;

失敗した場合には、小傷を落とすどころか、スクリーン全面に新たな小傷を作って、駄目にしてしまいますが・・・・

新品購入 6万超・・・ 悩みどころです

(それだけあったら、GPSウォッチ、ランニングシューズ、デジカメ、クロスバイク、・・・)

安全に関わる金額なので、我が家の事業仕分け人はOKを出してしますが ^^;

[追記 12/26]

先週のこと、朝、会社に行く途中で後輪がパンクしていることに気づきました。パンク修理のついでに、ウインドスクリーンを注文することにしました。お値段・・・6万7千円ちょい。 中古のバイク(リード90とか)が1台買えるお値段です。 orz

091220155009 091220155103

091220155128

交換作業は、そもそもブロードだった車体にジャンクのキャビーナから取り外した屋根一式を移植した経験があるので自分でやることにしました。

取り付け部分のゴムの緩衝材の取り外しに手間取りましたが、なんとか出来ました。^^

Pic005 畳とキャビーナのスクリーン(と、なんとか)は、

 やっぱり、新しいのが一番!  ^^; 

|

黒山鎌北駅伝2009

001_2

走友会での一年の締めくくりとなる行事、黒山鎌北湖駅伝でした。去年は故障中のため応援(写真撮影)のみでしたが今年はメンバーとして出走することができました。。

第一区を走ることになり、スタート地点の毛呂山町総合運動公園の体育館に向かいました。今日は早朝から霧が立ち込めており視界がききません。

とりあえずアップジョグとコースの下見をかねて、第一区を担当する4人で鎌北湖に向かいました。

002 003 004_2
坂を上って鎌北湖のところまで行くと霧が晴れていました。

体育館まで戻って9時15分頃のコールを受ける頃には、霧もすっかり無くなって青空が広がっていました。気温も上がってきました^^

スタート地点、体育館前の広場から一段低い場所にアーチが作られています。

005 スタート地点に向かう途中で、WGMの若手の兄弟アスリート、S(弟)さん発見♪

今日は、学生チームの第一走者だそうです。

006
 それにしても、いい笑顔だなぁ~~ ^^

9時30分スタート、実走60チームです!
007 008
スタートして1.5kmくらいまでは気にならないくらいのゆるやかな上りのコースとなります。

1.5km地点から、鎌北湖へ向けての急坂が始まります。
009
 私の走り、急坂の手前のフラットな部分でも4分30前後までしかスピードを上げれず、それでも心拍数が170を越えていました。

坂道では、心拍数180越えの走りが続きます ><
あとちょっとで坂が終わるところで折り返してきたトップ集団(第二走者)とすれ違いました。2番手で疾走していたのは、今日はDreamチームでのエントリーとなるFさん♪ (写真は撮れませんでしたが・・)
010
急坂を上りきって鎌北湖に沿って左に曲がったところで、AチームのOさんとエール交換。
ここから最後のラストスパート・・・なのですが、坂道で消耗しすぎたようで右の胸(肺?)が痛くなっておりスピードを上げることができません。最後はキロ5分ペースまで落ち込んでました。orz

結局、2.7kmを12分8秒で第二走者へ襷をつなげました。
011
写真は一区を走り終えた後の写真です。

Polar 心拍グラフ、久々の180超の様子と、上り一辺倒のコース状況がよく分かります。
久々の駅伝、ある程度予想はしていましたが・・・・orz

この後、Uさんの車に同乗させていただいてゴール地点の越生町役場に移動しました。

012 丁度役場の駐車場に到着したときが走友会(WGM)のトップチームのアンカーOさんがゴールした直後でした。撮影逃しましたorz

013 越生町役場前のコースのゴール前の最終ストレートの様子です。

道路の反対側に移動して残り3チームのアンカーを待ちます。
014
 Sさん015 (写真、小さくなっちゃいました・・)

Yさん(同様、小さな写真で・・ )

016
Kさん、 せっかく良い構図でいい笑顔のゴールなのに(写真が小さくなってしまって残念 orz)

今回の写真はすべて、aigo F566+(サングラス/MP3プレーヤー/デジカメ)で撮影したわけですが、なんとなく癖が判ってきました。人物を撮影する場合は、自分の目の前1.5mくらいでの撮影がおすすめで、5m以上離れると非常に小さくなってしまうようです。

全チームが走り終えた後、表彰式の前に「くじ引き」が行われ、景品が贈呈?されます。毎年恒例のようです^^

もっとも良い(人気?)景品のバナナ(箱バナナ)は・・当たりません ^^;

が、みかん箱が 2つ♪ 

今夜の忘年会の賞品(ベストランナー賞)に化けたようですが・・^^

017 018

皇居駅伝とも奥武蔵駅伝ともひと味ちがう、地域密着型でアットホームな楽しい駅伝大会でした^^

|

早速、使ってみました aigo F566+

新しいオモチャ、aigo F566+ で、走りながら/音楽を聴きながら/写真を撮りながら♪ やってみました。^^

アキレス腱痛もほぼ完治して、今週から山坂LSDを復活させることとして、久々に高麗神社基点の山坂LSDをしてみました。このコース、変化に富んでおりお気に入りの練習コースです。

Map2
今日の天気は朝のうちは晴れですが、午後から雨らしいので、午前中に走り終えるべくスタート時間は8時としました。


Polar_2 aigo F566+にピンクレディーのアルバムを仕込み、キロ7分ペースでゆっくりと1周20kmの山坂コースを写真を撮りつつ走ってみました。

まず、F566の操作感、写真撮影の手順ですが事前に予想していたのと若干違ってました。手元のリモコンで(サングラスに手を触れずに)撮影することが意外に煩わしい?
丸いリモコン、走っている最中にずっとそれを手の中に握っているのが結構めんどくさい? 途中から、リモコンを使わずにサングラス側のスイッチ操作を試しましたが、そのほうが簡単でした。スイッチ(シャッター)操作をしてから実際に撮影されるまで2~3秒のタイムラグがあり、それが逆に丁度良い感じでした。

さて、肝心の写真は・・・・ 走りながらの撮影では、綺麗に撮れるための条件があるようです。


全面が暗くなる(逆光での撮影)
Pic096 Pic110 Pic153






ブレる(木陰などで暗くなった場所での撮影)
Pic115 Pic117 Pic201






ボタン操作ミス(指が写ってしまった^^;)
Pic114






斜め(頭が傾いていた?)
Pic232






原因不明の失敗(装置の不具合?)
Pic160 Pic193







上手に撮影できる条件は、太陽を背にして、走らずに(立ち止まって)・・・
なんだかなぁ~~ orz

Pic099Pic128

|

買っちゃいました aigo F566+

Stapa_aig556_a01s

物欲の12月 

この数ヶ月、無駄使いすることなく上手に切り詰めていましたが・・・物欲に負けました orz

aigo F566+  完全な衝動買いです ^^;

MP3ブレーヤー/UVカットサングラス/デジタルカメラ 3つの機能をひとつにまとめた製品でデザインが良い♪

ランナーのニーズにドンぴしゃりマッチした製品です ^^

良く晴れた日のマラソンレース、サングラスをして走りたいのですが、近眼であるがゆえにコンタクトをしてからサングラスをすることになります。
ところが、寄る年波・・・コンタクトレンズの焦点を遠くに合わせると、手元、具体的にはランニングウォッチの画面(距離とか心拍数とかタイムとか)がぼやけて見えなくなります。orz
Stapa_aig556_b04 Stapa_aig556_b02

F566+のサングラス、跳ね上げ式になっています。(度付きプラスチックレンズと交換することができるかどうか、現物を持参してメガネ屋に相談となりますが ^^;)

ゆっくりとスロージョグをするときにMP3プレーヤーをポケットに入れて走ることがありますが、腕を振って走るときにイヤホンコードが絡み付いて邪魔に感じることが多々あります。
Stapa_aig556_b05
F566+のイヤホンコードは、ほとんど気にならない長さでランニング動作の邪魔になることは無さそうです。^^

レース中に写真を撮りたいと思うことが度々ありますが、どんなに小さなデジカメであっても、レース用ウエアのポケットに入れるには無理があります。また、走りのリズムを崩さずに撮影するのは至難の業です。 F566+のデジタルカメラの機能ですが、サングラスと一体となっているので撮影しないときにもポケットなどに入れる必要はありません。
Stapa_aig556_c04s またランナーが見ている目線のままをサングラスに手を触れることなく撮影することができます。

500円玉くらいの大きさの手元のリモコン操作によってシャッターを切れる機能があります。
Stapa_aig556_c05s

撮影目標をしっかり見据えた上で、腕振りは普通に行いながら(サングラスに手を持っていかなくて)手の中のリモコンで撮影できるわけです!

まさに、ランナーのために商品開発された? ^^

雑誌でも色々取り上げられている商品らしいです。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/40413.html

自転車/バイク/車 で撮影した方の記事がありました。
http://www.ogaworks.com/archives/1306

ランナーさんの使用インプレッションありました^^

http://blog.goo.ne.jp/magoo_usa/e/a25fd074c2f48897175d7f2dd6e118d5

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »