« 侍マラソン(ご案内) | トップページ | ヤマトの「武」の情景 (2) »

たびランナー

旅ランナー? じゃなくて、(平日の夜は)足袋ランナーです。^^;

市民ランナー4年目(4シーズン目)、すこし頑張って走るとすぐに壊れる?最近です orz

「ゆっくり走れば速くなる」ということで、ダメージを減らすべくスローペース(キロ7分ペース)で走っていたにもかかわらず! シンスプリント、アキレス腱炎・・・

ケア不足があるのは確かですが・・・

そんなときアメリカの研究者が発表した「裸足のほうが靴を履いて走るよりもダメージが少なく故障しにくい」という論文があることを知りました。

http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=2296&Itemid=37

~~ 研究の結果、裸足で走る人の多くが「フォアフット・ストライクfore-foot strike」(かかとを下ろす前に足の母指球の外側で着地する走法)で走る傾向があったのに対し、靴を履く人の75%以上がかかとから先に着地してい た。専門家によると、ヒトの足は裸足で歩くことに対応しておそらく600~700万年前から特殊に進化してきており、200万年ぐらい前には裸足で長く走 るための微調整がなされたという。 ~~

裸足ラン、3年ほど前、やはりアキレス腱炎のときに取り組んだことがあります。
そのときは、裸足ラン以外にエアロバイクとかもやっていて、痛みが小さくなったことについて、裸足ランの効果かどうか確信がもてなかったのですが・・・
なんとなく感じたことは、フォームの矯正効果があるのかな?? くらいの漠然とした感覚でした。 (確実な効果としては 「水虫の完治」 笑)

論文を読んで、故障つづきの最近のコンディションを考え、「裸足ラン」をもう一度練習の中に取り入れようと決心しました。

ただ、文字どうりの「裸足」では無くて、裸足に近い「地下足袋」で少しづつ脚を馴らしていくつもりです。

文字どうりの「裸足」で走るには、芝生とか土のトラックとか練習場所が限られてしまいますが、地下足袋の場合は自宅周辺で練習可能です。気軽に実践することができます^^

2回(3km×2)試してみましたが、カカト着地で走るとあきらかに地面から骨を伝った衝撃を受けるのを強く感じます。つまさき着地でないと衝撃が大きいです。そしてつまさき着地で走りつづけるにはフクラハギとかの筋肉がいまだ充分で無い・・・

効果が現れるのは来シーズンだろうな~~  orz

|

« 侍マラソン(ご案内) | トップページ | ヤマトの「武」の情景 (2) »

心と体」カテゴリの記事