« 川越市民駅伝2010 | トップページ | WGM忘年マラニック2010 »

別府大分マラソンに向けて

身の程を知らず?いきおいで申し込んでしまった別府大分マラソン ^^;

先日の奈良マラソンは故障を押しての出走でした。ヘロヘロと35km地点を歩きながら・・・

はたして、あと、2ヶ月でフルマラソンの「足」が出来るのか?
交通費、宿泊費、エントリー費用など5万円かけた結果が収容車(記録なし)じゃぁなぁ・・・・

自問自答しながら結局5時間53分という記録で完走(完歩)しました。

最後まで迷いに迷った早割りチケット(航空券)の購入ですが、購入期限の最終日、覚悟を決めて購入し(てしまい)ました。^^;

トレーニング、間に合うか否かはさておき、別府大分完走の準備をしていきます。

別府大分マラソンに向けてトレーニング計画を立てました。

練習計画for別府大分マラソン

ポイントは、
・30km走(持久走、LSD、マラニック)による長距離の足づくり
・ビルドアップ走によるスピード養成
・エアロバイクによるクロストレーニング==>故障予防
・レース前1週間は疲労抜き(ピーキング)

まぁ、毎度の画に書いた餅ではありますが ^^;

[追記 12/29]

今回の餅の画は(も?)あまりにも酷かったので、

「そのまま食べると腹(足^^;)を壊してしまいますよ!」

先輩ランナーより、教育的指導をいただきました ^^;

とっても示唆にあふれる内容でしたのでご紹介させていただきます。

~~~~

現在故障中または、故障再発の危険性大との認識があるのなら、5分台での練習は、止めるべきです。7分台、8分台でLSDをしてください。もちろん、途中で痛みがあるようなら、長い距離も止めます。

1週間後に、4分半での10kmは、控えるべきと考えます。脚ができていない状態で、1週おきに、5'00、4'50、4'40での33kmは、論外です。そもそも、本番(4'50)よりも速いペースでの33km走って、故障も無く強度の高い練習に耐えられるような、特別な人だけが可能なものです。もし、この練習がクリアできたとしても、それは練習のための練習になって
本番では、よい結果はおそらく出せません。

高い負荷=よい練習、ではありません。そうであるなら、みんなQちゃんや野口と同じ練習をすればいいのです。適度な負荷こそが、よい練習です。

痛みが無い前提で、現在の紀伊九郎さんが、スタミナ強化として行うのであれば、5分半から6分程度がよいと思います。これとて、決して楽な練習ではありません。

3時間半を目標にするなら、スピード練習は不要です。LSDだけで、充分達成可能です。

脂肪で走れるような体質改善と、レース前の調整、レース展開に注意し故障しないスピードで、痛みが出ない距離の練習だけをしてください。クロストレーニングでは、エアロバイクよりもプール(Swimingや、Walking)をお勧めします。また、ピーキングとして疲労抜きを考えているなら、カーボローディングとかも考慮に入れてみてください。

ポイント練習として考えている箇所は、再考を、強くお勧めします。

~~~~

ありがとうございます。

毎度毎度、食べれない餅の画を描くのも ええかげんにせんか~! 

と自分に言い聞かせ・・・ orz

|

« 川越市民駅伝2010 | トップページ | WGM忘年マラニック2010 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事