« 甲州街道マラニック | トップページ | また故障ですか? »

埼玉駅伝に(リアルに^^;)風が強く吹いている !

00280

1月16日、埼玉駅伝の当日です。今年も坂戸陸協チームの一員としてお手伝いさせていただきました。当日の早朝、外はリアルに風が強く吹いていました。

7:45集合場所の坂戸市役所に向かいました。00160

こんな風が強くて大会は大丈夫か? 埼玉駅伝は北西から南東方向にむかって駆け下るコースなので、冬のこの風は強烈な追い風になるようです。

去年は中継所のスタッフでした(あまり役にはたっていませんでしたが・・) 今年は電車で中継所を移動し、写真撮影しながらの応援です。

Imgp1651第一区の選手&役員の方たちと一緒に、スタート地点、深谷市の武川駅近くの「もくせい館」に向かいました。

今回、開会式に初めて出席することができました。

00180 来賓のご紹介、主催&来賓の方々のご挨拶、前年度の優勝団体からの大会杯の返還、レプリカの贈呈、選手宣誓が行われました。

開会式で紹介されていたことですが、「埼玉駅伝は非常に歴史が古く、これほどの開催実績のある駅伝大会は日本全国を探しても見当たらない。箱根駅伝の次に古い大会であり、云々」

箱根駅伝は今年が第87回であるので、埼玉駅伝の第78回という実績は、非常に誇れることなんですね~

Imgp1655 Imgp1654 Imgp1656 坂戸陸協チームの第一区、スタート前のアップをされているテルさんです。

最終コールの様子を撮影し次の応援場所に移動となります。残念ながらスタートの瞬間は応援できません。(電車の出発時刻とスタート時刻が同じ時間(10:15)なので、スタートを応援すると次の中継地点での応援ができなくなります。)

次の応援場所、吹上駅前の第三中継所に移動です。

吹上中継所、駅から歩いて2~3分の場所にあり便利です。また女子(高校&一般)のスタート地点でもありますので、お勧めの観戦&応援場所となります。

00200 女子のスタートは男子のトップ通過の数分前のタイミングに設定されています。赤い制服に身を包んだ女性白バイ隊員に先導されて華やかにスタートです♪

男子のトップ通過は、今年の埼玉の高校駅伝で優勝した埼玉栄でなく、去年の埼玉駅伝の優勝校の東農大三でもなく、武蔵越生でした。 

00210 流石は東洋大の(双子の)設楽兄弟を輩出した学校ですね! 埼玉の男子のトップ3はこの3校なのかな? 

それにしても、高校生の走りの凄いこと! 飛ぶようにして通り過ぎていきます。

00220 トップ通過の武蔵越生より遅れること8分、ことしが埼玉駅伝のデビュー戦となる○田さん通過です。

1区と2区の合計19kmをトップレベルの高校生(箱根駅伝予備軍?)と競走して8分程度の遅れでの通過です。1区(テルさん)と2区(○山さん)の120%の走りの様子が伺えます。

3区と4区は、それぞれ4km、3.8kmというような短い距離で中継します。なので、吹上で応援した場合には、電車で移動して、次に応援できる中継所は、5区から6区(アンカー)への中継が行われる桶川中継所となります。2区を走り抜けた○山さんに声がけをしてから桶川中継所に移動しました。

Imgp1665 桶川中継所、アンカーのクニさんと役員(スタッフ)のNさん、オカちゃん

6区は待ち時間が長くて・・・寒い ^^;

しばらくして、高校トップの選手が通過です。なんと、ここでも武蔵越生です! すこし遅れて東農大三校、そして埼玉栄! 三つ巴のアンカー勝負♪ 面白いですね~~

(写真撮れなくて残念!)

Imgp1667 実力のあるチームが次々通過していくなか、やがて10分後の白タスキ一斉スタートの準備が始まりました。

はたして自分のチームは間に合うか?一斉スタート(白タスキ)になるのか? 

各チームのアンカーが前を向かずに後ろを見ている、この緊張感! いいですね~

坂戸陸協チーム、残念ながら既に白タスキでのスタートになったと連絡済みでした。(埼玉駅伝は非常にレベルの高い大会なので、市町村の部ではアンカーまでタスキが繋がるのは上位の2~3チームです。)

我らがアンカーのクニさん、集団から離れてスタートに向けてエンジン始動!です

Imgp1669 Imgp1668  上尾陸上競技場まで、さぁ~♪ 

Imgp1671Imgp1672 一斉スタート後、しばらくして5区のノブさんが残った力をふりしぼるようにして中継所に駆け込まれました!(5区は、1区に次ぐ長距離区間です!)  お疲れさま&最後ガンバレ~!

この後の応援ですが、上尾のゴールには間に合いません。移動応援は桶川中継所までとし、5区の中継所スタッフの皆さんと一緒に(同乗させていただき)帰路につきました。

##### ##### ##### ##### 

ここからは第2部! アフター(反省会)は、選手&スタッフによる懇親会です。

選手の慰労&スタッフへの感謝! (駅伝の真髄はここにあり?^^)

陸上競技の多くの種目は球技など団体競技とは違い個人での参加が可能ですが、駅伝については事情が違います。団体で参加することが必須なので、エントリー可能な選手の人数が揃わないと申込みが出来ません。それならば、選手が揃ったらそれでOKか?

Imgp1673皇居駅伝のような、全区間おなじコースをぐるぐる周回するコースの場合には、中継所=スタート地点=ゴール地点であり、チームのスタッフは不要ですが、中継所をつぎつぎ移動する本格的な駅伝大会の場合はスタッフ(役員)の存在が非常に重要になってきます。

Imgp1683 選手と同数以上のスタッフにより中継所でのサポート体制がとれるか?サポート体制があってはじめてチームとして参加することが可能となります。言い換えると、どれだけ優秀な選手が揃っても、スタッフが手薄になると参加することが出来ないのが駅伝大会・・・ということなんです。

Imgp167500270選手の皆さん、本日の(自分の)走りを反省、分析&報告しながら、この駅伝大会を支えてくださった陸協の役員の皆さんへ感謝の意を表わし、また来年度の抱負(選手として選ばれることを願い)を語られました。

「毎年この一月の駅伝によって新年が始まったのを感じるんですヨ~。我々は君ら選手の頑張りから力をもらえるよ^^」と役員の○○先生。恒例の美味しい大鍋「おでん」も先生(&奥様)のご好意によるものです。^^

選手&スタッフの一体感♪ いいチームですね~~^^

雰囲気に酔いつつ (ビールにも酔って ^^;) 早朝から夕刻に至るまでの駅伝三昧の一日を堪能しました^^

駅伝! いいですね~♪ 

自分が走るのは(とっても苦しくて)苦手なんですが^^;

|

« 甲州街道マラニック | トップページ | また故障ですか? »

ランニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事