« 奥むさし駅伝(観戦) | トップページ | 別大マラソンの反省(敗因分析) »

別府大分マラソン、失速記?

0190

2月6日、第60回別府大分毎日マラソンに参加(出走)しました。

無謀にも、身の程を知らず?申し込んでしまった大会です。12月の奈良マラソンを歩き倒して5時間53分を超えるようなファンランをした時点で、出走すべきかどうか迷いました。残り1ヶ月にかけて最後の悪あがきのような泥縄トレーニングを行い、とうとうレース当日を向かえました。

運悪く、一週間前の土曜に発症した風邪が悪化して気管支炎になり、最後の一週間は薬漬けでレース前のピーキングは完全な失敗です。 orz

0010

写真、スタート前のカテゴリー3控えテントで、WGMのS会長、オカちゃん、紀伊九郎です。

結果ですが、21km地点で関門閉鎖、打切りでした。orz

フルマラソンにマグレ無し! 付け焼刃は通用しませんでした。ある意味、予想どおり? ^^;

0040

スタート前の整列、ゼッケン順(=持ちタイム順)なので、カテゴリー3の陸連登録の集団の後方に並びました。ほぼ2200人の集団の最後方です。

偶然にもすぐ前の列に以前所属していた走友会の「○ン○ルの嵐」さんが・・ 笑) 

「今日は、どこどこまでもついていきます!」とは言ったものの・・・^^;

0030

手元GPS(1km自動LapTime)
4:58 4:49 4:49 4:55 4:50 (5km 0:24:21)
※スタートロスは、予想より少なく 23秒でした。(2200人の集団のほぼ最後尾です。)


コース、スタートしてから9km地点まで北上していきます。しばらくすると別府市街を通過します。前泊した別府タワーの近くの宿を横目で見ながら、最後尾から集団を追走します。

0060_20090   

9km折り返し地点のかなり手前で、黒人ペースランナーに先導される先頭集団とすれ違いました。 速い!

010001100120   

4:45 4:55 4:55 4:55 4:55 (10km 0:48:46)
※第一関門(0:49:00)については、残り時間12秒で通過

関門通過直後に、後方から関門閉鎖のアナウンスが聞こえてきます ^^;

01250130_2   

沿道からは、最後尾ランナーとなった自分へも熱い声援が・・^^

4:52 4:57 4:54 4:56 4:45 (15km 1:13:11)
※第二関門(1:13:00)については、残り時間0秒で!通過 

0140

写真では、5秒ほど時間が残っているように写っていますが、センサーの埋め込まれた白線を通過した時、残り時間ゼロであり、即刻関門閉鎖されていました。すべり込みセーフ! ^^;

この15km地点で貯金ゼロ! あとは、キロ5分ペースを維持できなくなったタイミングで完走の可能性は消えます・・・

0145

別府市街をふたたび通過し、スタート地点の「うみたまご」を超えて大分方面に南下していきます。「うみたまご」のあたり、高崎山の山陰に入ったあたりで、日がかげり、冷たい向かい風が吹いてきました。キロ5分ペースのスピードを維持することが辛くなってきました。前方のランナーが段々と小さくなって行きます・・・

0150

4:55 5:10 5:10 5:10 5:35 (20km 1:39:11)
7:06 (21km 1:46:17)
※第三関門(1:45:00)残念ながら100mほど届かず、打切り orz

「ランナーは即座に歩道に上がってください!」

0000

15km地点までは狙い通りの4分50秒ペースで、関門をすり抜けながらの通過でしたが、流石に時間的な余裕が無くて、このペースを維持できなくなったタイミングで(速攻で)アウトでした。

Map1 Maphf

0160

人生初!? 収容車です 笑)

ドリンク&ブランケット&本戦TV観戦! サービス満点? ^^;

それでも、出来ることなら乗りたくなかったなかったんですけどねぇ~~ 苦笑)

フルマラソン、やっぱり簡単には行かないね~~ 

Polar

|

« 奥むさし駅伝(観戦) | トップページ | 別大マラソンの反省(敗因分析) »

ランニング」カテゴリの記事

ランニング WGM(若葉グリーンメイト)」カテゴリの記事