« 「WGM」vs「山ノ神」? | トップページ | スポーツマンハート »

WGM練習会 10/2

Polar

10月になって最初の練習会。めっきり涼しくなって絶好の練習会日和でした。この2回ほど鳩山・電大コース(持久走、坂道コース)だったですが、今日はいつもどうり高麗川大橋往復コース(21km)です。

先月から土曜練習として坂道スロージョグで距離を踏む練習をしていますので、日曜の練習会では、けっこう疲労感が大きく・・・鳩山コースはツライ?ものがありました^^;

Polarのストライドセンサー、この日のキャリブレーションは完璧? ほぼ正確に1kmラップ音を刻んでいます。

そして、リアルタイムに表示される心拍数が 138とか? 随分、低い値が表示されていました。スピードも6分を切っているのに? 

体感的にもかなり楽で、気持ちよくお喋りジョグをしながら走れています。

これは、秋になって走りやすくなった? ということなのか、あるいはこの一ヶ月間つづけた坂道LSD(スロージョグ)練習の成果が出てきたということなのか?

ま、両方なんでしょう ^^

高麗川大橋往復コース(21km)、このところ、最後まで歩かずに走り通すことが出来ていませんでしたが、今日のこのコンディションならば!

久々の完走を目指して、ペースを崩さないように、心拍数を上げすぎないように(150を上限として)淡々と走りました。

折り返し場所、練習会での高麗川大橋の10.7km地点ではなく、春の長距離記録会で使用した10.5km地点で折り返しました。

高麗川大橋コース、ほぼ真っ平らなコースですが、折り返し地点が微妙に標高が高くて、折り返してからの復路は、わずかながら下り坂となり、気がつかないでいると自然にスピードが上がります。

16km地点を過ぎたあたり、最近の練習では、ちょうどこのあたりで「長距離の脚」が無くなり、へろへろとスピードダウンする場所ですが、その気配は皆無!

農道の真っ直ぐな道あたりから、心拍数上限を160程度まで少しスピードを上げてみました。

キロ5分ペースよりも速いスピードでの練習は、まったくやっていないので、まだまだこのスピードに筋肉が対応できません。

それでも、スピード練習をするための最低ライン? それに耐えれるだけの筋力がついたような気がしました。(気のせいかな? ^^;)

最後、信号で停められて、すこしダレてしまいましたが、それでも最後まで歩かずに完走です。久々でした。

(WGM公認?)ハーフマラソンコース: 

  記録 1時間56分36秒

データ         値   単位
継続時間     1:56:35   
サンプリングレート   5    s
Running Index   64  
      
エネルギー消費量  854  kcal
心拍数       16683 心拍
リカバリー       -83 心拍
最小心拍数    72 bpm
平均心拍数    143 bpm
最大心拍数    166 bpm
標準偏差     13.1 bpm
      
最小 ペース    20:00 min/km
平均 ペース    5:30 min/km
最大 ペース    4:28 min/km
距離        21.0 km
      
最小ケイデンス   53 rpm
平均ケイデンス   89 rpm
最大ケイデンス   108 rpm
      
最小高度     -56 m
平均高度     -46 m
最大高度     -40 m
上昇        30 m
下降        47 m
VAM        15 m/h
      

ポラールのランニング指標(Index)の64という値は、フルマラソンを3:00:00で完走することができる心肺機能である、とのことです。あくまで、心肺機能だけのパフォーマンスですが・・^^

とりあえず、ハーフマラソンを真面目に走って完走することが出来るまでに復調することができました。

練習終了後、千代田公園のところでS会長から嬉しいこと言われました。

「あれ?なんか痩せた(引き締まった?)ように見えるなぁ」

そうなんです。坂道LSD練習をはじめて一ヶ月で2kg~3kgの減量に成功しています。

この一ヶ月のトレーニングの成果を体感できた一日でした。

|

« 「WGM」vs「山ノ神」? | トップページ | スポーツマンハート »

ランニング WGM(若葉グリーンメイト)」カテゴリの記事