« DIY窓断熱 | トップページ | クジラ »

ステディカム STB-094

Dsc_0078

あたらしいオモチャ、ステディカムのSTB-094と格闘中?です ^^;

去年の夏、奥武蔵ウルトラマラソンの応援をした際に、走りながら撮影したビデオ映像の画面の揺れが非常に気になり、いろいろ調べていたらステディカム(ビデオカメラスタビライザ)というものがあることを知りました。

やじろべえ?のエッセンスを抽出したような商品で、撮影時の手ぶれを取り除いてくれます。

その原理についてカメラ用の一脚をつかって実験して記事にしていましたが、市販品(STB-094)での撮影を追記しています。

今回、プロ機材ドットコムより購入した製品(STB-094)は、モニターレポートの提出を条件として割引価格での提供となります。(送料込みで約1万円)

送付されてきて直ぐにテスト撮影を行いました。

その直後、新年のお参りに(高麗神社に)持参して新年の様子を撮影しました。
重心の調整を念入りに行っておらず、操作(持ち方、撮り方)にも熟練していないので、いくぶん揺れの大きな映像となっています。

ネットの記事でも書かれていましたが、ステディカムで滑らかな映像を撮るには製品自体の性能だけでは駄目で、撮影テクニック、撮影者の熟練も必要とされる?とのことらしいです。

その後、ローリング方向の揺れを抑えるために、水平方向の慣性モーメントを大きくするための腕(錘)を取り付けました。

さらにピッチング方向の揺れを軽減させるべく、重心の念入りな調整を行いました。

かなり良くなってきました。

とりあえず、最初の出番(本番?)は、埼玉駅伝の応援、坂戸陸協チームの雄姿の撮影です! さぁ、準備万端♪^^

[追記 1/23]

本番?の埼玉駅伝では、高速で走り抜ける選手を素早く撮影することが要求されるために、STB-094での(取り回しの悪い水平アームを取り付けての)撮影は不適でした。^^; 

団体の受付と開会式が行われる深谷の「もくせい館」の様子のみ、ちょこっと撮影しましたが。ただ、さんざん苦労した後付の水平アームは使用しませんでした。^^;

上記はYoutubeのスタビライズ加工を使って、STB-094で撮影したその映像から更にブレを取り除いたものです。滑らかですね~~^^

|

« DIY窓断熱 | トップページ | クジラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事