« 高麗川散歩(6) | トップページ | 秋のフルマラソンにむけて »

めんぼ

朝、起きる前に右目に痛みを感じました。逆さまつげ? 目玉の裏? まぶたの内側?あたりにチクチクする痛みを感じました。

眼を強く押さえ、涙を誘って回復を試みましたが、いっこうに良くなりません。

痛みをこらえながら職場に向いましたが、起床後1時間経過しても回復しません。

これは・・・いよいよ花粉症になったか!? 突然に来るよ!と言われていたので、

「とうとう来たか! 花粉症ってこんなに痛いのか~ orz」

洗面所でうがい用の紙コップに一杯に水(ぬるま湯)を満たし、それを眼で飲む?ようにして眼にあてて、マバタキをしながら洗眼をしました。

ちょっと痛みが緩和されたかな? と鏡に近寄って眼を見ると、あれ?まぶたが腫れてる?

この腫れ方、はるか昔、小学生頃にも見た覚えがあるアレ、「ものもらい」です。

その頃は「めんぼ」と言っていたような気がしますが、一般的には「ものもらい」、専門用語では、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれるらしい症状です。

そういえば・・・

前日の高麗川ダウンリバーウォーキングをしているときに、川の水しぶきが顔にかかり、眼の中に入ったを思い出しました。 ^^;

結膜炎に効く点眼薬を眼にさして、しばらくすると痛みは無くなっていきました。

ところで、ものもらいMAP という面白いホームページがあります。

「めんぼ」という呼び方は岐阜とか愛知、三重での呼び方らしく、関東圏(一般的)には「ものもらい」と呼ばれています。

なるほど、父親(岐阜出身)、出身県(三重県)なので、「めんぼ」と呼んでたようです。
なるほどなるほど ^^

|

« 高麗川散歩(6) | トップページ | 秋のフルマラソンにむけて »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事