« 都幾川(長楽落合橋の跡地から) | トップページ | 屋根付きバイクの防風効果 »

奥武蔵越え(日高から秩父一番札所へ)

札所巡り

前々から興味があり、二十歳をすこし過ぎた頃にオートバイでの四国ツーリングを兼ねて八十八箇所札所巡りをしたことがありました。(途中までですが^^;)

日高市の自宅からそんな遠くない場所にある「秩父札所」、前々からちょっと気になっていました。^^

モチロン歩き遍路で、どうせなら自宅から秩父まで(一番寺まで)も歩いて・・と、色々と下調べをしています。

自宅から秩父の一番寺までの経路を調べたら、これがフルマラソン程度の距離?!

山越えで通る道は、奥武蔵ウルトラマラソンや毛呂山トレイル(いずれもスポーツエイド主催の大会)のコースで走ったことがあり、最近の坂道トレーニングコースでも度々走っている道で、迷うこともなさそうです。

ゆっくりマラニックペースでなら結構楽しめそうな感じです。

・スタート(日高団地ロータリー):0km

  標高51m

今日は平日(会社は公休日^^)です。自宅を7:10に出発しました。

写真は高麗川を越えたあたり。

2013041807540000 2013041807550000 2013041807550001

・毛呂山総合公園:10km

  標高105m

  水&トイレあり

総合公園を過ぎてから山(鎌北湖)にむかって少し走ってから右折、小さな峠を越えていきます。峠の場所でエーデルワイスゴルフ場を右に見ながらトンネルとゴルフ場の防護ネットを潜ります。

2013041808170000 2013041808280001 2013041808300000

峠を下った場所を左折、100mほど進むと・・どこかで見たキャラクターが^^

2013041808340000 2013041808340001

こんなとこにあったんですね!

獅子ケ滝の500mほど手前の場所に小さな神社があります。

2013041808450000 2013041808460000 2013041808470000

いままで、ジックリと見たことが無かったので、今回は写真を撮りながらじっくり見学しました。よく見ると参拝のための御手洗?

2013041808460002 2013041808470001 2013041808460001

御神水! 直ぐ横のベンチの置いてある東屋のようなところに水質検査の結果も張り出されているので安心して飲めそう・・・と思ったら?

撮影した画像を自宅で確認したら、飲料に適さない! 煮沸して飲め!って 笑)

2013041808460001_s

・獅子ケ滝:14km

  ここから顔振峠までトレイルコースを約3km(標高差200m)

  ゆっくり登って一気に標高を稼ぎます。

獅子ケ滝の直前にトイレ・・らしきものがありました。

2013041808570000

恐る恐るドアを開けると・・

2013041808570001

トイレです。(ホコリだらけの)トイレットペーパーがありました。ドアを閉めると真っ暗、足元や壁にや蜘蛛やらコオロギ?のような虫やら・・(野○○よりマシ? ^^;)

気をとりなおして、獅子ケ滝の散策です。

2013041808540000

この石碑の左側に休息所?なる建物が2棟あります。その横を通り過ぎて振り返って撮影した写真がこれ。 思うに、これは滝行をする人達が暖をとる為の建物?

2013041808540001 2013041808540002 2013041808550001

滝は落差3mくらい。滝壺の深さもさほど深くないが、滝浴びをするのに適した滝なのかどうか?

2013041808550000

ふたたび滝の入口の場所(車道)まで戻り、林道を左折して一本杉峠を経由して顔振峠に向うコースを選択しました。距離的にはすこし遠回りとなりますが・・

林道の終点、トレイルの始まりの部分に工事車が数台とまっており工事をしています。工事用のモノレールを行く手を塞いでおり迂回路ができていました。

2013041809140000

2013041809140001 2013041809140002 2013041809130000

ここからのトレイルコース、去年のもろやまトレイルの試走で通った道です。今回はコースを逆走する形で一本杉峠までゆき、そこから(コースを外れて)顔振峠方面に向います。

2013041809330001

斜度もキツいのでゆっくり登って一気に標高を獲得できます。

2013041809320000_2

やがて稜線付近の一本杉峠の名の元となった杉の木へ。なかなか存在感のある杉です。

2013041809380000

2013041809390002 2013041809390001 2013041809390000

一本杉峠を越えて、一旦車道へ下りたあとでふたたびトレイルで諏訪神社を経由して顔振り峠に向かうトレイルを辿ります。このあたりは坂道トレーニングのショートカットコースとして何度も利用してます。

諏訪神社で10:00 

2013041810020000

ちょっと早めの昼食休憩、持参したオニギリを半分(2個)食べながら一休み。

2013041810020002 2013041810020001

・顔振峠:17km

  峠の茶屋、水&トイレあり

  ここから県民の森駐車場あたりまでは奥武蔵グリーンラインの

  舗装路を上り基調で15km(標高差400m)

  最近練習をサボり気味なのでチト辛いかな?

ここの峠の茶屋(平九郎茶屋さん)は、マイ坂道トレーニング30kmコースでの折り返し地点、ここで肉うどんを食べながら休憩しています。今回は、まだまだ先があるのでペットボトル飲料のみ購入し(休まずに)通過です。

高山不動の茶屋(廃業)の前の東屋で、2回目の昼食休憩。残りのオニギリを食べながらまたまた長めの休憩です。^^;

斜度がきつくなると当然のように歩き、下りになると走るマラニックペース? ハイキングに近いような走りが続きます。ようやく刈場坂峠が見えてきました。すでにへろへろ

2013041812110000 2013041812110001 2013041812120000

・県民の森駐車場       :32km

  最高地点、標高876m

  駐車場にトイレ&水場あり

2013041812500000

  コース最高地点で、ここから一番札所まで下り(激坂!)

  故障回避のためにゆっくり歩いて・・

少し下った場所に、奥武蔵ウルトラマラソンのかつての折り返し地点の場所があります。(去年からはコース変更があり県民の森の駐車場が折り返し地点になったようです。) 

2013041813030000 2013041813040000 2013041813200000

このY字路を右へ。 1kmほど下ったところ、青少年研修センターの駐車場を右に見たあたりで右折。

2013041813200003 2013041813210000 2013041813200002

舗装されていない林道になり傾斜もキツイ下り坂がつづきます。 目的地の一番札所(四萬部寺)まで下る一方、かなりキツイ!

2013041813240000

すこし進むと今度はコンクリート舗装された道に変わります。35km近く走ってきた脚に衝撃が強い! 歩いて下ります。

2013041813300000

・誦経山 四萬部寺(ずきょうさんしまぶじ):40km

2013041814280000 2013041814280001

  この場所が標高215mなので650m以上の標高差を8kmで下る・・

自宅を出発してから7時間20分! 

境内にあるベンチに腰を下ろしてしばし・・かなり長く・・動けませんでした。

札所巡りについては後日・・

30分近く休憩し、やおら(駅にむけて)出発です。

・大野原駅(ゴール):43km

  標高209m

  全てを歩いたとしても8時間30分くらいのようです。

  途中、平地や下り基調の部分をゆっくり走れば6~7時間くらいの

  気持ちの良いコースです。(って、ホントか!? ^^;)

  帰路は、秩父鉄道、西武秩父と乗り継いで自宅近くの駅まで・・

  けっこうお手軽なマラニック練習・・・になるかな? ^^;

決行日は明日! ^^

[追記4/19]

昨日、4月18日に実際に走って(歩いて)きました。写真と記録を本文中に追記しています。

|

« 都幾川(長楽落合橋の跡地から) | トップページ | 屋根付きバイクの防風効果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事