« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

日和田山ダイヤモンドトレイル

Hiwada_d_map
さて、タイトルのダイヤモンドトレイルですが、奈良と大阪と和歌山の県境の山を縦走するダイヤモンドトレイルと呼ばれる有名なコースがあるようです。コースの途中に金剛山があるのでそれに由来して名づけられたということでしょうか。(金剛石=ダイヤモンド)

ここでは 日和田山!ダイヤモンドトレイルです。 ^^

埼玉県日高市の所在である日和田山は標高305mの低山ながら関東百名山に数えられている山です。高麗川の蛇行している地形の景勝地「巾着田」のすぐ近くにある山で、奥武蔵の山塊への登山口にあたります。

自宅からほど近い場所にあり、なんどか登りましたが・・・・。どちらかとういうと、奥武蔵グリーンラインへ続く清流林道を使っての坂道トレーニングの出発地点としてしか意識していませんでした。


最近なにかと話題になっているトレイルランニングの聖地といえば高尾が人気ですが、日和田山周辺でのトレイルランニングの練習コースといえば、この日和田山登山口から物見山を経て顔振峠までの往復で20km強のコースが一般的となっています。

西武鉄道の配布しているハイキングコースMAPや市販のハイキングマップなどで紹介されているコースでも、巾着田の近くの日和田山登山口から男坂もしくは女坂を経て、日和田山山頂、高指山、物見山の尾根道を辿り、顔振峠の方面に抜けるコースが一般的となっています。コースの巾も広く、休日になると(そこそこ)ハイカーも多いです。

ここで紹介する日和田山ダイヤモンドトレイルのコースは、どちらかというと非常にマイナーなコース(ルート)であり、あまり知られていない尾根走りコースとなります。

今年の5月から6月にかけて、日和田山周辺の地図上の破線コースとか、地図にはなにも表記されていない尾根道とかを散策したところ、日和田山、高指山、物見山、北向地蔵あたりの尾根道から南斜面に下る(走れる!)尾根道が幾筋もあることを発見しました。

日向尾根(西・東)、駒高尾根、黒尾根(西・東)、長尾根(大峰高峰、五常山、長尾根山の尾根)です。ほどよい傾斜の走れる尾根筋が続き、夏の強烈な日差しを遮る木漏れ日道となります。


そんな幾筋の尾根道を登ったり下ったりしながら☆の形を描くように辿るトレイルランニングの練習コースを設定したうえで何度か走ってみました。
Map
およその距離が32km、累積標高(上下)3300mのコース、名づけて、「日和田山ダイヤモンドトレイル」です。(ダイヤモンドトレイルとは、自分で勝手にそう呼んでいるだけです。そんな大会が存在するわけではありません。^^;)
標高差が100mから200m程度の大きなアップダウンを数えると8つのピークがあり、足の大きな筋肉(ハムストリング)への負荷が大きくトレーニング効果は相当あります。
Daiamond
トレイルランの練習コースとしてお勧めな理由としては、

・要所要所に水場(水道、湧き水、自販機)やトイレがあること。
・尾根道の傾斜が絶妙であり走れる区間が多いこと。
・里が近く遭難の危険が無いこと。
・路面が落ち葉がつもって柔らかく脚に優しいこと。
・直射日光を遮る木陰がつづく部分が多いコースであること。

なかなかに素晴らしいコースであると感じています。
但し、マイナーコースの宿命? 手入れがイマイチで、倒木あり、生い茂る夏草あり、蜘蛛の巣あり、若干迷いやすい分岐点があること・・・ ^^;
誰にでもお勧めできるコースとは言えませんが 笑)

32km完走しなかったときでも、足の火照りで眠れない夜を迎え翌日には見事に筋肉痛!(非常に良い練習ができます。^^;)

富士山マラソンにむけてのポイント練習として9月はこのコースで頑張ってみようと思ってます。

気分は、ちょっとした回峰行の行者(山伏)のよう? 笑)

|

秋のフルマラソンにむかって

Bahbb1shogzmikpozwdhlziwmtqvmdgvmtc

先日の日曜のロード練習、平均5分半ペースでハーフ(21km)くらいしか走ってないですが、その筋肉痛が長引いてます。

非常に良い練習が出来たとも言えますが・・・。 5分半ペースで使う筋肉が目覚めた?(ロード練習をサボっているうちに筋肉が眠りこけていたってこと?)

さて、今年の餅の画(長期練習計画^^;)

秋の本命フルマラソン(11月30日富士山M)にむけて、直前3ヶ月の長期練習計画です。

数えてみると、ポイント練習として充てれるのは、あと16日(回)くらいです。

この16回で眠りこけている「走れる筋肉」を呼び覚ませ!
目標ペース、ベースとなるスピードを4分30秒/kmあたりまで伸ばし、 30km以降でへこたれない筋肉(筋持久力)を造る!!

言うはやすし、行なうは難し・・・です ^^;

ま、怪我とか故障しては元も子もないないので無理は禁物、 いかに走る(練習する)か! よりも、いかに走らない(休足する)か?

  ということで、土日が必ずしも休みではないけど、 月に5日ほどポイント練習(ガッツり走れる日)が出来るとして、 そのポイント練習で何をするか? という長期計画です。

8月(残2回)8/23、8/28日

9月(5回) 10月(5回)

11月(4回)

本命レース、11月30日(富士山マラソン)

※基本方針

ポイント練習日を大事にし、ロング走、LSD、トレランなどをガッツりと行い、段階的に練習強度を上げていく。 平日(勤務日)の練習としては、筋肉痛が残っている状況では無理をせず完全休足、通勤ラン(バイク)は、疲労抜きのスロージョグとする。

※月間目標

8月9月はトレイル(32km/7時間走)練習で身体全体の(内蔵の?)スタミナをつける。
7時間走? (トレイル練習は9月まで)

10月からはロードでの距離走を行う。
練習メニューとしては ・坂道練習(30km、4時間走)・ロング走(30km、5分/km)

11月からはレースに向けたスピード養成
・ビルドアップ走(5km周回BU×6周)
・30kmレースペース走
・ハーフTT
・10kmTT

こんな感じかな ^^

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »