« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月

富士山マラソン出走記

Dsc_0066

富士山マラソン(旧河口湖マラソン)出走記です。

2014年11月30日午前6時、河口湖の湖畔のニューブリッジキャンプ場のオートキャンプサイトに張ったファミリーテントの中にいました。

富士山マラソン(旧河口湖マラソン)は自分としては初参戦の大会、また富士山マラソンとしてリニューアルオープンしてから第三回目ということで、初回の大混乱による不評大会ということもあり、前日からの現地入りとなりました。といっても例年参加している大田原マラソンの場合にも前日からの現地入り&テント泊なので毎年恒例でもありますが。

ニューブリッジキャンプ場は、スタート位置から1kmちょっとの湖畔に位置しており景色&便利さにおいて最高のロケーションでした。当日の利用者もほぼ全員がマラソン大会の参加者のようで知る人ぞ知るランナーご用達の格安宿泊施設のようでした。有り難かったのはキャンプ場のトイレ。利用者はキャンプ場の利用者に限られるので、混雑して並んだとしても数人ほど。お腹の具合がいまいちで起床してからキャンプ場を出発するまでに3回ほど利用しました。助かりました。

キャンプ場のオートキャンプサイトの入り口の道路がマラソンコースの復路の41km地点ということでランナーが通過する11時~15時あたりでの車の出し入れが出来なくなります。その事もあって大会当日のチェックアウト時間はマラソン大会が終了するまでOKということでした。
実際にテントを片付け終わってキャンプ場の事務所にご挨拶にうかがった時刻は17時30分(あたりは真っ暗、最終客?^^;)。
ゴールしてからテントに戻ったあとで2時間ほどヘタバッテ?休憩してました。

出走記? いつのまにか走り終わってヘタバッテる状況を報告してどうする?>自分^^;

ということで、レースの結果ですが

まず、天候は、後半にちょっと気温が下がってきた感もありましたが、風も強くなく、直射日光に照らされることもなく、おおむね、最高のマラソン日和でした。

スタート位置は、陸連登録Aグループ、ロスタイムは20秒程度でした。

以下、手元時計のラップです。 (公式記録のラップと微妙な誤差があります。)

5kmSplit 5kmLap 5kmPace
Start
----------------------
05km 0:24:38 0:24:38 0:04:56
10Km 0:48:05 0:23:27 0:04:41
15km 1:11:41 0:23:36 0:04:43
20km 1:35:30 0:23:49 0:04:46
25km 2:00:59 0:25:29 0:05:06
30km 2:25:55 0:24:56 0:04:59
35km 2:50:54 0:24:59 0:05:00
40km 3:17:14 0:26:20 0:05:16
Goal 3:29:24 0:12:10 0:05:33
----------------------

Polar01 Polar02 Polar03

目標の3時間20分切りは失敗、また自己ベスト(3:22)の更新にも届きませんでしたが、失敗レース、撃沈レースであったかというとそういうわけでもありません。
   
レース前半で脚が消耗し尽くさないように、前半を押さえながら後半の脚を残すべく我慢して走ったが、34kmからの急な下り坂で右足の甲にダメージを負ったための最後のスパートができなかった、ラストスパートを躊躇し、目標を3時間30切りに切り替えて、決定的な故障による大失速を回避すべく上手にまとめた?走りでした。ちょっと言い訳臭いですが ^^;

以下、1kmごとのラップです。

Km 1Kmペース 5Kmスプリット
Start(Startロスは20秒ほど)
01 5:33 
02 4:55 
03 4:44
04 4:46
05 4:40 0:24:38 5km

最初の5kmはスタート直後の渋滞ので思ったようなペースで走れません。スタートしてから5km地点までにコース長の調整用の2つのUターン箇所があります。

Pic009 Pic012

このコース長の調整用のUターン箇所は若干の標高差(40m程度)があり、そのアップダウンのためにスピードに乗れませんでした。コース情報によって西湖への上り坂については頭にありましたが序盤のこのアップダウンは予想外でした。

06 4:36
07 4:34
08 4:35
09 4:52

10 4:50 0:48:05 10km

この区間では河口湖の南側を反時計周りに辿りながら河口湖大橋に向かいます。
Pic013 Pic014 Pic015
ところで、本大会、給水所での給水については、足を止めて確実に水分摂取を行うようにしました。給水のたびに5秒~10秒のロスタイムとなっていますがレース後半での脱水症状によるフクラハギの痙攣対策としてです。効果の程は? 

11 4:35
12 4:44
13 4:32
14 4:55
15 4:51 1:11:41 15km

河口湖大橋を通って湖の北岸に渡ります。

Pic018 Pic019

この5kmについてはフラットな区間で走り易く景観も素晴らしいです。河口湖大橋の場所は歩道にいる観光客の方々から小旗による声援をいただきました。

16 4:34
17 4:49
18 4:41
19 4:40
20 5:05 1:31:39 20km

この5km、河口湖大橋を渡ってから湖の北岸を走ります。平坦で走り易い区間で景色も素晴らしいです。20kmのラップタイムが遅くなってますが20km地点の距離表示が若干遠くなっていたようです。ペース的には特別に遅くなったわけではありません。 17km地点で最初のトンネルを通りました。

Pic020 Pic021

コースには3つのトンネルがあります。そのうちの2つは河口湖の北岸のこの区間にあります。

Pic022 Pic023

トンネルの中は、ランナーの靴音だけが響き渡り不思議な感覚でした。トンネルをぬけて暫くすると、湖に浮かぶ観光船から拡声器での大音声での声援をいただきました。なんと有森さん!

21 4:44
22 5:20
23 5:39
24 4:42
25 5:04 2:00:59 25km

22km地点の直前の2つめのトンネルを抜けて直ぐの長浜のエイドでは、さきほどの観光船の有森さんが先回りして待ち構えていて、ハイタッチして応援くださいました。

Pic024

その直ぐ後ろに瀬古さんもいたんだけど・・・(有森さんに遠慮気味?気づくのが遅くて写真を撮れなかったorz)

ここから西湖までのおよそ1kmは、本コースの肝?過激な急坂が待ち構えています。

Pic026 Pic027 Pic028
 
標高差が1kmで70mの上りは、ゆっくり登るならばさほどではないでしょうが、ある程度のスピードを保って走るには? なんの!奥武蔵の激坂に比べれば全然たいしたこと・・・^^; とってもキツイ急坂で、一気にスピードダウン。参りました。
まだまだ修行が足りません。orz

26 4:40
27 4:49
28 5:11
29 4:57
30 5:19 2:25:55 30km

23km~34kmの部分は西湖の周回部分となり若干のアップダウンはあるものの比較的平坦な道となります。
西湖は河口湖ほど開発(観光)は進んでおらず手付かずの自然を感じることができ気持ちよいです。

Pic030

さて、今回のフルマラソンの30kmの壁は・・思ったよりも薄い壁、低い壁であり、疲労感が小さいです。レース後半にむけての脚の残りが大きく余力充分! これは、春から夏にかけて取り組んだトレイルランニング練習(実質はハイキング?)の成果かな?

31 4:52
32 5:02
33 4:48
34 4:50
35 5:28 2:50:54 35km

34km~35kmの部分は西湖と河口湖をつなぐアノ急坂です。

Pic031

今度は下り坂だからスピードに乗って一気に下って・・という読みは甘かった orz
スピードに乗って走る脚が残ってませんでした。無理してスピードを上げたために右足の甲の部分に激痛が走りました。
スピードを落とさざるを得ません。
(タグを取り付けた部分が足の甲にあたっていたことが原因?靴紐の縛りがキツかったためか?)

36 5:16
37 5:01
38 5:05
39 5:25
40 5:34 3:17:14 40km

痛みを堪えながら、なんとか激坂を下り、往路でも走った河口湖の南岸まで辿りつきました。ゴールは近い! 幸いにしていつものような強烈な疲労感も少なく、これならラストスパートすれば自己ベストの更新か可能か? 

なんて考えが頭をよぎった直後、
右足のフクラハギに(いつもの!)痙攣が!>< 

ラストスパートを諦め、だましだましの走りとなりました。

37km地点(残り5.2km)のスプリットタイムが 3:01:10 です。

これでは、残りの5kmを4分ペースで走ったとしても
(絶対無理><) 目標の3時間20分切りには届かない! 

5分ペースで走れたとしても 3時間26分越えは確実で、自己ベスト更新も無理っぽいなぁ~ 目標変更です。

フクラハギの爆弾の破裂の回避を最優先として3時間30切りを目指し、スピードダウンです。

41 5:26
42 5:30

41km地点の直前、河口湖大橋が見えたあたりにニューブリッジキャンプ場(今回の宿泊地)があります。

Pic032 Pic033 Pic034

やっとここまで帰ってきたか・・

スピードを落として騙し騙しの走りをしていたら後方から仮装ランナーが・・お尻丸だしのカニさん?

Pic035 Pic036

さあ!ゴールに向けてラストスパート!!

Pic037 Pic038 Pic039

・・・・できなかった orz

Goal 1:14 3:29:24 Full(42.195km)

コース的には、河口湖から西湖への22km(復路34km)付近の超!急な坂が印象に残りましたが、それ以外の場所の小刻みなアップダウンも予想以上に多くて、ある意味では面白い、そして手強いコースであると感じました。

Gps_map


大会の運営についても、第一回目の大混乱の面影は皆無!! 

富士山も見えたし、ゲストもビックネームだし(有森さん、瀬古さん) サンプラザ中野のステージ応援とか、前夜祭(花火)とか、 湖上遊覧船からの応援とか、同日開催の女性むけのファンランとか・・ とっても素晴らしい運営といって良いでしょう♪

来年、また、参加してもいいかなぁ~ 

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »