« ベクスターの駆動系メンテ | トップページ | スーパーゾイル »

ドレインボルト

Dsc_0108_s

ベクスター150、壊した駆動系(プーリーまわり)を復活させるべく某所に修理依頼をかけました。

 プーリー
 ウエイトローラー
 ベルト
 ガスケット


作業ついでに
 エンジンオイル交換、フィルター交換
 ギアオイル交換


そのまたついでに
 マイクロロン処理を・・・


なんと、気がついたら作業料金込みで3万円超のお値段に w


しかも、作業開始して、2時間の待ち時間の後にお店を訪ねてみると、ドレインボルトを取り外そうとしたらボルト締まりがゆるい?


 「前オーナーがオイル交換時にネジ山をつぶした可能性あり。
 ここでドレインボルトを取り外してオイル交換を行ったとしても
 ドレインボルトが取り付かない(オイル漏れ発生の)恐れ有り。
 対応を相談したい。」


 「見た感じではドレインボルトの箇所からのオイル洩れの形跡
  はない。(不思議なことに?)
  ただしオイルゲージでオイル量を確認すると規定の量がない。
 (洩れて減ったか最初から入っていなかったかは不明)」
とのこと。


マイクロロン処理(ケミカルチューン)については中止。
とりあえず現状確認し(オイル洩れの状況について判断し)対処方法を検討する必要がありそうです。


一難去って、また一難 orz


-------------------------
★ネットでみつけた朗報!
ドレンボルトを締めすぎてしまった場合
ヴェクスターのエンジンはアルミブロックです。フツーの二輪車みたいに過大なトルクで締め付けるとすぐバカになります。その場合、他の情報で大きなサイズでタップを切るとか、ヘリサートとかりコイルを使うとかお金を掛ける内容が多いのですが、私が見つけた方法はコレ。
ドレンボルトよりちょっと長いボルトで締めるだけです。その際、ガスケットは付けて、ガスケット回りに液体ガスケットも軽く塗って下さい。これだけでオイル漏れは防げます。サイズはM10(細目)×20です。細目はホームセンターではまず置いてないのでネットで探すか他のバイク等でいいのがあれば流用して下さい。
-------------------------
[追記0707]
オイル交換、プロに見放されたのでDIYで(自分で)やりました。このところ車のオイル交換もイエローハットなどのショップ任せでしたので随分久々。オイル受けやら廃油処理箱やらなんやら購入したうえでイザ!
Dsc_0108_s_2
問題のドレインボルト、ゆるゆるでした。こんなんでなんで漏れなかったのか?本来は金属(アルミ)製のガスケットがあるべきところにゴムパッキンが・・・・。これって水道関連の部品なのでは? ^^;
Dsc_0103_s
またボルトのネジ山を塞ぐかたちでねじ切ったメスネジのアルミが付着していました。あきらか、オイル交換で失敗してアルミのメスねじをねじ切った感じです。
オイルフィルターも交換です。
Dsc_0105_s Dsc_0106_s Dsc_0107_s
汚い・・・。
さて、気を取り直して、オイル交換です。フィルターを交換した場合は800cc?
まずは、ドレインボルト、ネットの情報によって用意しておいたもの(M10細目(ピッチ1.25)20mm、六角穴つきボルト)にガスケットをはめたえで、ねじ込み固定。
あまり強くねじってアルミのメスねじをねじ切らないように・・・。
スズキ純正のオイル(2輪4サイクルエンジン用 ECSTAR TYPE04 MA SJ 10W-40)800ccを注入。
エンジン始動!
すこしくエンジンが滑らかになったような
が・・・。オイルが洩れている orz
ドレインボルトを おそる おそる 締めなおしましたが・・ 

やっぱりゴムパッキンが正解かな?^^;

ガスケットを取り外して替わりに(元々取り付けてあった)ゴムパッキンをはめてみるとオイル漏れがぴたりと止まりましたヨ?!  なんだかなぁ~~ w

|

« ベクスターの駆動系メンテ | トップページ | スーパーゾイル »

車煩悩」カテゴリの記事