« 世界遺産、荒船風穴!? | トップページ | 年代物 »

三峰神社

150806075122

三峰神社に行って来ました。
150806074016 150806074024 150806074055
こちらは三峰神社バス停、神社の駐車場の様子です。
秩父の山奥のそのまた奥、よくぞこんな山の中に、こんな立派な! というのが率直な感想です。今でこそ、道路は整備され、公共交通機関(鉄道、バス)を乗り継げばさほど苦労することなくたどり着けますが。
今回、三峰神社を訪れた理由は、雲取山への日帰りピストン(山行)の下見を兼ねての参拝(雲取山の登山口としての三峰神社)でしたが、神社そのものがとっても面白く、一説によると関東最強のパワースポットとの呼び声も高いとのことです。
150806074852 150806075122_2 150806075344
駐車場から階段を上がって神社の参道の方向に歩いていくと大きな茶店(土産物屋)があります。その前方にトップの写真、独特の雰囲気のある三つ鳥居、その横には博物館がありました。鳥居の脇にあった神社の由緒書き、ピンボケ写真でよく判別できませんが、説明板のうえに大きく口を開けたオオカミがいます。
150806075136 150806075149
鳥居をくぐって参道を歩くと、右側に大きな石碑が立ち並びます。「講」の寄進を記録したもののようですが、そもそも「講」が何を意味するものか、どのような集団、活動であるか、具体的イメージがありません。
150806075536 150806075550
参道を登りきったところ、左方向にきらびやかな山門が見えました。随身門とのことです。
150806075830 150806075927 150806075944
デラックスです。^^
門をくぐりもう少し歩くと、精悍なオオカミと金属製の鳥居が見えてきます。
150806080318 150806080352
鳥居の両脇の建物、手水舎と灯台だそうですが、非常に派手で細密な彫り物で江戸時代に寄進されたもののようです。鳥居も。
150806080424 150806080359 150806080410
150806081005 150806080505 150806080519
境内の一段高まった場所、本殿に向っての石段の両脇に大きなご神木があります。ミスター鎌倉武士、畠山重忠寄進によるところだそうです。
150806080616 150806080705 150806080636
ご本殿、中から太鼓の音、ご祈祷されている神職の方がおられました。
150806081206
それにしても日光東照宮のような豪華絢爛な彫り物ですねぇ~
本殿の左の方向に進むと宿泊施設(温泉)がありした。参拝客(信者)の宿泊施設のようですが、近代的な大きなホテルです。日帰り入浴も可能・・・な日もある?^^;
150806081419 150806081435
参道を元来た方向に戻っていくと、さきほど左折した場所の上のほうに気になるものが・・・
150806082216 150806082245 150806082505
マイブーム、ヤマトの「武」(日本武尊)さんです。^^
記紀編纂委員(藤原不比等)によって事実を改竄され、スーパーヒーローとして夭折(白鳥化)した英雄であるヤマトタケるとしてドラマチックに描かれ、後半生は(ヤマトタケルとの繋がりを打ち消すように)超長命の謎のジジイであるタケウチノスクネとして別人のように描かれた(その実体は)すべての史実を剥奪されて架空の存在とみなされている第13代天皇(成務天皇)ということです。ホントか!?^^
この銅像、お顔はカッコいいんですがバランスがイマイチだなぁ~ 異様に手が大きいw

|

« 世界遺産、荒船風穴!? | トップページ | 年代物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

古代史の迷宮」カテゴリの記事