« 伸縮棒(高所からの撮影用の一脚として) | トップページ

埼玉県駅伝の応援(撮影)

埼玉県駅伝の応援(撮影)をしてきました。
詳しい結果は坂戸陸協のブログ(掲示板)にアップしましたので、ここでは撮影(応援)についてのいろいろ。
1.カメラ
今回、ヤフオク入手の中古(訳あり)カメラ、SONYのDSC-HX9Vを3台用意しました。1台は動作に問題なく安心して使える1台。もう1台は使用中にズーム機能が使えなくなる恐れがある1台とフラッシュが使えない(かもしれない)1台。 そしてアクションカムのMUSONを1台の4台で撮影しました。
Dschx9v
2.補助具
1脚を2本と折り畳みの踏み台。いずれも応援の人垣超しに撮影するための道具です。ただし、踏み台と1脚(3段式)については第1中継所での撮影用として(撮影の手伝いを頼んだ中継所スタッフの方に)お願いしました。移動しながらの持ち歩きは4段の1脚のみです。前週の奥むさし駅伝で試した伸縮棒とアクションカムによるモニタリング確認によって高所撮影を試みました。
Dsc03203_s


3.撮影場所と撮影結果

第1中継所の撮影場所、前回と同じく、選手の中継場所の右前方(反対車線)の15m程度の場所としました。接近してくる選手とタスキの中継後の選手の両方を撮影できる最適な場所でした。




第3中継所の撮影場所、前回と同様(第1と同様)です。ズームを大きくし過ぎたために接近してくる選手の様子を1画面の中で同時に確認できない映像となってしまいました。選手の表情はよく撮れてますが中継所に接近してくる緊迫感がいまひとつ。



第5中継所の撮影場所、前回は中継場所の前方の左側(反対車線)の30mほど過ぎた場所からズーム(望遠)で狙ったために、手振れが酷く(補正が効かず)上手に撮影できなかった反省より、中継所からさほど離れない場所からの撮影としました。こちらも、選手の表情を優先してズームを大きくしたために接近してくる選手の様子が確認できない、やはり中継の様子のみの映像となってしまいました。
 
4.編集
坂戸陸協として編集した動画、こちらです。ムービーメーカーによるお手軽編集で済ませています。BGMも去年使用したそれを(今年もそのまま)使っています。
動画編集については、最初は手探りで(簡単な編集、不要部分のカットのみで)やってましたが、BGMとコメントを使うことが出来るようになった去年あたりから、ちょっとだけレベルが上がった・・かな? ^^;

|

« 伸縮棒(高所からの撮影用の一脚として) | トップページ

ランニング WGM(若葉グリーンメイト)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事