« 関東ふれあいの道(筑波山塊縦走路) | トップページ

平九郎茶屋の由来に触れて

Photo
深谷市の渋沢栄一記念館に来ています。写真の武士、栄一の義弟(妻の弟)であり養子でもあった渋沢平九郎です。
この方、実は、幕末に官軍と戦って越生の山中、黒山の地で自刃しています。
奥武蔵グリーンライン、マイ坂道練習コースの折り返し地点である顔振峠の茶屋である平九郎茶屋の名前の由来となった武士であり、マラソンの練習のため、いつものように峠の茶屋で肉うどんを食べて、さて、復路にむけて出発しようとしたところ、店内に掲げられているこのイケメンの武士の写真が目に入りました。
平九郎茶屋さんの名前の由来になっている 烈士「平九郎」さんでした。
確かにイケメン、そして渋沢? 渋沢栄一という明治の偉人の関係者ということらしいです。
そもそも渋沢栄一さんがどんな方なのかもよく知らなかったこともあり、ネットで調べたうえで、翌日(今日)深谷市にある渋沢栄一記念館を訪ねました。(平九郎企画展開催中)
平九郎さん、渋沢栄一が海外(パリ万博へ派遣中)に行っている留守中の政治的な激変の中で、身代わりのようにして亡くなった・・・ということがよく判りました。
渋沢栄一、尊王攘夷に燃えながらも、最後の将軍となった一橋慶喜公に仕えることとなり、パリ万博へ幕府から派遣されてしまい(その最中に明治維新)、その留守中に兄弟縁者が自分の身代わりのようにして新政府軍と戦い(平九郎戦死)、その明治新政府のためにフランスで獲得した知識を活かして大蔵省で尽力し、その後、経済人として大活躍して長寿を全うしつつ国のために尽くした。
波乱万丈の人生
ここらへんの事情を詳しくドラマにしているのがTBSの「雲を翔びこせ」という歴史ドラマ
知らなかった。渋沢栄一、もうすこし、評価されても良いような・・・
(自分が知らなかっただけかも?^^;)

|

« 関東ふれあいの道(筑波山塊縦走路) | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事