« あれから30年!?  | トップページ

バモスホビオ

Dsc05312_s_3
2010年10月に購入し8年近く乗った愛車のプレオ、車検まであと3か月でしたが、あちこち調子が悪くなってきたこともあり乗り換えることとしました。
やはり、軽自動車の箱バンが欲しいなぁ~ってことで、2週間近くグーネットをググって探し当てたのは初年度登録が2007年の12万キロ超のバモスホビオ(AT3速)、総額26万です。
家族からは、買ったあとで 「失敗した~ orz」とあなたは毎回のようにして言っている!? と指摘を受けていますが、今回も同様? ^^;
なんと、車屋から自宅に帰りつくまでの、走り出して30分しないうちに水温警告灯が赤く点灯してしまいました。
調べてみると、バモスのありがちな不具合、メーカーがリコールを出している不具合のようでエンジンのガスケット不良により冷却水にエアーが混入し、エンジン冷却機能不全に陥るということです。 すでに保証期間外であり修理費用は10万円超!! ><
なんか、お店の人の対応が変だったのは、このせいか!
早速、HONDAのディーラー修理工場に持ち込んでエア抜き作業をしていただきました。とりあえずこれで様子見をして、それでも駄目なら正式に見積もってからの作業です、と。

エア抜きをしてもらったら近場の運転で水温警告灯が点灯することはなくなりました。直ったのか!?
 
大喜びで高速にのって、談合坂を超えて長野に向かう途中、笹子トンネルの途中で、ふたたび警告灯が点灯 ><
生きた心地がしなかった orz

ハズレのバモスでした。(失敗した~ orz ^^;)


格安中古自動車販売店の保証書は、エンジンのみを保証します? ということです。

まあ、この年式のバモスが車検込みで26万ということなので、お店側の良心としては、購入後の修理費用分の金額は本体価格を値下げしてますので・・ということなんでしょう。

走行距離が12万キロということで、タイミングベルトからウォーターポンプを交換する時期でもありますので、その作業と同時に(若干お金がかかるけども)対処してもらえば、OK!

ちょっぴり気落ちましたが、気を取り直して、修理する楽しみを与えてくれた!?ということで w
ということで、ディーラーさんで修理見積をしてもいました。
シリンダーガスケット交換 部品代 約1万円 技術料 約5万円
タイミングベルト類交換  部品代 約2.8万円 技術料 約3.2万円
エンジンマウント交換 部品代 約1.2万円 技術料 約0.6万円
合計 13.7万円 (部品代 約5万円 技術料 約8.7万円)

エンジンマウント交換については、乗り心地を一新するためのもの、タイミングベルト類については経年劣化による消耗品の交換です。オーバーヒート対策としての(予定外の)出費分については、6万円くらいですね。
まずまず、許容範囲でしょう~ ^^

|

« あれから30年!?  | トップページ

車煩悩」カテゴリの記事