ランニング

ランナー復帰戦 第3戦(熊谷さくらマラソン)

熊谷さくらマラソンに出走しました。完走です。ランナー復帰戦の第3戦でした。

熊谷さくらマラソンを走るのは今回が2度目です。初回は2008年3月で、ランナー3年目の春、ランニングフォームの改造(ピッチ走法)を意識しながら、前を走るピッチ走法のランナーの歩調に合わせながら2時間5分前後で完走しました。大会の印象としては、競技場をゴールとして開催される地元の学生(中学生)が多数参加するアットホームな大会であり、荒川の土手沿いの桜並木を愛でながら、変化にとんだコースだったように覚えています。 

ところで、昨年の夏前、車の洗車のために踏み台に乗 って屋根の部分を洗っていた ときに、踏み台を踏み抜いて転倒し腰をしこたま痛打してしまい腰痛が悪化してしまいました。

春先からトレイルラン(と言ってもハイキングレベルですが)で足慣らしをしつつ本格的なランニング練習に入ろうとしていたころの出来事で、すっかりしょげてしまって、それ以降まったく走れていませんでした。練習距離0kmで臨んだ大田原マラソンでは12km地点の第一関門を超えられずにDNF!

ただ練習ができないだけではなくて、走ることで維持できていた体重(=健康)が維持できなくなり、身体に不調の徴が出始めました。無理にでもランナーに復帰する、走る生活習慣を取り戻す必要に迫られています。


走らざるを得ない環境 = 強制的に走らざるを得ない状況 = 試合(大会)


ということで、初戦の神栖マラソン(平地の10km)

第2戦の日高かわせみマラソン(アップダウンの10km)


そして今回の第3戦が距離を伸ばしてハーフマラソンの熊谷さくらマラソンでした。


記録 
グロスタイム 2時間11分18秒
ネットライム 2時間08分56秒

 

Kumasaku01Kumasaku02


今の走力では、ハーフを歩かずに完走できるかどうかも怪しいので、スタート地点では最後尾からのスタート(スタートロス2分くらい?)として、脚の温存のみを念じながら、身体をねじらないフォーム(ナンバ走り)を意識して行けるところまで行く!という作戦でした。

5分50秒前後のペースを保ちつつ10km地点までは走れたが、給水で立ち止まった後で、再び走り出したときに、元のペースに戻せない?6分台のペースに落ち着きました。 


脚が固まった?


14kmあたりで、思い切って、ストライドを意識した走りに切り替えて、元のペースに戻してみたものの、その走りを長時間することが出来ず、再び6分台、やがては7分台のペースまで落ち込み、最後を立ち止まる、歩くのだけは避けたい!という気持ちだけで前進してました。


この疲労感、脚の動かないもどかしさは、フルマラソンの40km地点でのあの疲労感そのまんま(たかだかハーフマラソン程度の距離で orz)


情けないけれども、今の実力そのもの・・・


ランナー復帰は、まだまだ先が遠いなぁ~

|

日高かわせみマラソン

Kawasemi_3
日高かわせみ、10kmの部、完走しました。ランナー復帰計画の第2弾!? 先月末の第1弾(10kmレース)の記録が58分、今回が53分ということで確実に成長(復帰)できています。 日高かわせみのコースは、神栖のそれとは違ってアップダウンがキツイコースなので、今回の53分というこ記録には十分に満足しています。
Img_20190310_150752Kawasemi_2Kawasemi_1
2週間後にはランナー復帰戦の第3戦、熊谷さくらのハーフマラソンです。
この調子でガンガンいってみよ~
(ちょっと前向き、モチベーション上がってきました♪ ^^)

|

神栖はさきマラソン(の後の観光?)

Epson201902242
 
2月24日、今年最初のレースは、茨城県の神栖、利根川河口の町で行われている10kmの大会でした。 

ちょっとした遠征? もちろん車中泊、バモス泊で。

 マラソン大会としては昨年の11月の大田原マラソンでのDNF、第1関門までの10kmちょっとを走って以降ひさびさのランでした。

直前練習ゼロ。体重増加は言うまでもなく、普段の生活においても体調が悪く、このままではなんらかの成人病に陥るのではないか? というような状況でもあり、状況を打開するために、あえて立て続けに大会エントリーを行い、大会ごとに強度(距離)を上げていく作戦を立案しました。その第一弾が本大会。

海沿い、川沿いのコースは、どこどこまでも平坦でしたが、案の定、まったく走れません、身体が言うことを聞かない、心肺系がまったくダメダメ。 

走り続けることができるギリギリの速さ、キロ6分を保ち、やっとのことでゴールしました。 レース前は1時間越えを予想しましたが58分を切ることができたので上出来でした(相変わらず自分に甘い^^;)
Epson20190224_2 Epson201902241
 
10kmを真剣に、今できる最高の走りで走って、58分? 
これまでのベストは、とりたてて速いわけではないけども、それでも43分くらいで走っていたことを思うとガッカリの記録でした。
ここから再出発です。
 

|

埼玉県駅伝の移動応援(案?)

Img_20181217_121100
 埼玉県駅伝、来年の2月3日は、86回大会となります。この駅伝競走に関わり始めて
かれこれ8~9年、月日の経つのは速いもんです。
 最初の頃は今のコースとは違い、深谷スタート(市町村の部)で上尾の陸上競技場がゴールでした。
 最初の関わりは大会要項での出場資格の変更により予定していた選手が登録できなくなったため、たまたま陸協の会員であったために補欠登録選手として名義貸し?をして、中継所スタッフとして参加、競技後の懇親会で楽しませてもらった・・・というようなことからでした。
 翌年は、補欠登録というシガラミ?は無くなりましたが、深谷のスタート地点で開会式に参加、その後、電車で中継所を回りながら移動応援をして楽しみました。
 翌々年は、深谷スタート、会場の様子を動画撮影しながらバイクで移動応援してみました。(初めて襷が繋がった2012年大会) この大会の様子は動画編集しています。
 その翌年は、第80回の記念大会ということで、コースが変わりました。さいたま駅前スタートで熊谷の競技場ゴールという今のコースに変更になりました。10位入賞した大会です。 気がつくと埼玉駅伝の移動応援は、私の年中行事?の一つになっていました。w
 ・・・
さて、来年の第86回大会、坂戸陸協チームは、3チームでの参戦となるということで、バリバリの優勝狙いのAチーム、3年目の挑戦となる女子チーム、選手層の厚みを活かしてBチームの新参戦という布陣です。
 Aチームについては、それぞれのメンバーが日ごろの実力を出し切れば、優勝が見えて来くるような布陣です。
 追っかけ応援のほうも、選手の気合に呼応して?今まで以上に気合を入れていきたいと思っています。
 撮影機材のレベルアップを計り、綿密なる移動応援作戦を立て、撮影した動画を納得のいくまで(上手に)編集する(スキルアップ!!) 
 撮影機材のレベルアップ、我が家の財務大臣(カミサン)と交渉中です。交渉が成功すれば、SONYの新空間光学手振れ補正技術の搭載されたハンディーカムを購入する・・かも?
 動画編集のスキルアップ、これまでメインで使っていたムービーメーカー(簡単ソフト)と、フリーソフトではありますが高機能なAviUtilをも多用しながら・・・ ま、動画の出来上がりについては、蓋を開けてみたら ピンボケのブレブレ・・なんてことが多いけど
 で、綿密なる移動応援計画ですが、本日、下見(事前調査)してきました。この5年ほど電車(高崎線)での移動応援をしてきましたが、今回はバイク(オートバイ)での移動応援をしようと思っています。
 随分と長い前置きでしたが、本日のブログのテーマは、ここからです。
10
中継場所(応援、撮影の場所)は従来どうりの3か所に加えてゴールシーンを予定しています。第一中継所(宮原小学校前)、第三中継所(女子スタート)の鴻巣駅前、最終中継所の熊谷女子高前、そして熊谷陸上競技場です。

第一中継所である宮原小学校での先頭通過予想時刻は8時49分となっています。第一中継所は大混雑(押し合いへし合い?)しながらの襷の中継がその醍醐味となります。およそ5分ほど応援(撮影)し次の応援ポイントである鴻巣へ移動します。
 宮原小学校から鴻巣までの移動経路です。 ほぼほぼ17号です。
Img_20181217_103120
01 02
 バイクで実際に移動して時間を計測たところ、鴻巣駅前でカメラをスタンバイさせ終わるまでの所要時間が36分、女子のスタート時刻である9時30分の1分前! ギリギリでした。(もっとも従来の電車移動の場合でも女子のスタート撮影はいつもギリギリです)
 鴻巣中継所(男子の第三中継所)の先頭通過予想時刻は9時35分、先頭通過から7分ほど応援(撮影)したとすると鴻巣の出発時刻は9時42分です。

 鴻巣から熊谷女子高、熊谷競技場までの移動経路
02 03 04

05 06 07

 最終中継所の熊谷女子高校前は先頭の通過予想時刻は10時19分となっています。(鴻巣出発から37分です。実際に移動してみたところ35分で到着できました。) 前回大会の実績として先頭通過(日本薬科大)からおよそ5分後に市町村の先頭(上尾)が通過しており、坂戸の通過時刻は10時30分(男子、女子 ほぼ同時)でした。
 熊谷の出発時刻は10時31分です。
Img_20181217_114628 Img_20181217_115744
 
07 08 09
熊谷女子高から競技場までは12分です。 バイク移動での到着予想時刻は10時43分です。

 一般の部(企業・大学)の先頭のゴール予想時刻(先頭)10時38分です。(前回大会の優勝タイムが2時間9分台)

 市町村男子の部の優勝予想タイムは10時44分、坂戸陸協チームの到着予想時刻は10時44分(優勝!^^)
競技当日の交通状況について読めない部分はありますが、電車移動の場合には熊谷競技場のゴールシーンについての撮影ができないですがバイクならばそれが撮影できる。 (バイクゆえの)寒さと引き換えにする価値は十分にあり!
 
 

|

関東ふれあいの道(筑波山塊縦走路)

Img_20180323_113027_r
筑波山にハマってます!?
唯一、1000m満たない百名山ということで、しかも山頂までケーブルカーとかロープウェイで行ける観光地でもあり、登りたいなどとは思っていなかったお山です。
試しに? 一回だけ登ってみたら、意外にも良かった!
Img_20180323_115447_r
植生が良い(植林されていない自然の様子、ブナ林などがある)
Img_20180323_110451_r
独立峰ゆえに登山口から山頂までの高低差もしっかりとある
Img_20180323_113950_r
ケーブルカー付近からの代表的な登山道はよく整備されている(され過ぎている?)観光客も多いが、裏側とか中腹を一周するコースは自然豊かで雰囲気が良い
Img_20180424_084146_r Img_20180424_101915_r Img_20180424_101439_r
筑波山塊ということで、北に連なる足尾山、加波山、燕山、雨引山をこえる縦走路の30kmコースは、別の魅力がある(歩きごたえのある)コース
Img_20180428_094227_r Img_20180428_101307_r Map

ということで、3月末から、何度も何度も w

|

祝!フルマラソン日本記録更新♪(設楽選手おめでとう!)

Kinntesu

( http://number.bunshun.jp/articles/-/830047 )

設楽悠太選手、祝 日本記録更新! 2時間6分11秒!!

興奮しました。 TV中継で解説していた金哲彦さんも、おもわず(興奮して)立ち上がってしまったようで、となりで解説していた増田明美さんが「金さん、立ち上がってますよw」と、その状況を苦笑しながら解説してたのが可笑しかったです。

設楽選手、地元埼玉ということで、しかも武蔵越生とか東洋大とかも自宅近くであったり、武蔵越生でチームメイトの子がWGM所属メンバーの息子さんだったりとかで、その快挙について身内の快挙のようでとても嬉しい出来事でした。(大きな勘違い?^^;)

そういえば、所属クラブ(WGM)で参加した2011年の実業団記録会、会場が東洋大のグラウンドで、その5000m最終組には設楽選手が走ってたかも? PCの中の保存フォルダーより探し出しました。
Cimg0308 Cimg0312 Cimg0320

このレースは柏原選手が4年、主将として最後の駅伝大会に向かうためのチーム内のメンバー選考レースという位置づけだと思われます。(2011年10月1日開催) レースの結果は柏原選手が13分55秒93という記録でHONDA所属の池邉選手を押さえて(最終コーナーでさして)ゴールするという迫力のあるレースでした。

111001174906_mrw 111001175729_mrw


ところで、フルマラソンの国内最高のレース(大会)は・・?

大会規模においては圧倒的に東京マラソンなんですがエリート中心の大会では、びわ湖マラソン、福岡国際、そして別府大分といったところが思い浮かびます。(別大は記念大会を契機にちょっとだけ門戸を広げた? お蔭で紀伊九郎も走れた^^;)

福岡国際マラソンは、私の記憶では、WGM(&坂戸陸協登録選手)では、高橋主将、平山選手が何度も参戦し、完走されています。

びわ湖マラソンについては、参加のための基準タイムが厳しく参加することだけでも大変名誉な大会です。過去にはWGMでは後口さん、福田さんといったレジェンドクラスの選手が出走し完走されてたと記憶しております。最近では、坂戸陸協在籍の選手では川嶋選手が完走、そして柳原選手が2年連続で出走しています。

さて今シーズン、フルマラソンの3大会とも言える、これらの大会への坂陸登録選手の出走&エントリー状況は?

まず、第71回 福岡国際マラソン(2017年12月3日)ですが、なんと!坂戸陸協として参戦の川嶋選手、みごと2時間30分を切る好タイムで完走されていました。2時間29分47秒
Youtubeでレース中の映像を確認しました。(開始から12秒後)
https://www.youtube.com/watch?v=kIAt2XtiR-s

東京マラソンは、柳原選手と橋本選手が出走されたようですね。
 柳原選手  2:55:25
 橋本(悠)選手 3:26:42

3月4日開催の びわ湖毎日マラソン、エントリーリストを見ると!!

300 今井選手 27歳 坂戸市陸協
いいですね~ ^^

ちなみに、あんな人や、こんな人も同じカテゴリー(一般参加)で参加してますから。
これはちょっと楽しみですね。
101 今井正人 33歳 トヨタ自動車九州
223 設楽啓太 26歳 日立物流
 お兄ちゃん頑張れ!復活待たれる!!(ツインズ揃った力走を再び!!!)

最近、駅伝の応援(写真、動画撮影)に力を注いでいるせいで、自分としては苦手な駅伝ですが、観る分にはとても楽しく、苦手意識がなくなってきておりますが、個人的にはフルマラソンが好きなんですよねぇ~ (下手は下手なり、遅いは遅いなり、それぞれが達したレベルで楽しめるから?^^;)

なんだか、まとまりのない記事となってしまいました。 w

※追記

さきほど、クローズアップ現代で 兄(啓太)がびわ湖毎日に出走することについて触れられた悠太選手、「(兄キの存在は)陸上を始めた日も同じで、双子でなかったら陸上をつづけていなかった思います。昨年は故障で苦しんでいた時期もあったので(すが)、僕は兄キの復活をいつでも信じているので、(びわ湖)マラソンでしっかりと結果を残して欲しいです!」と力強くコメントされてました! いいねぇ~

2016.11.20放送 「輝け☆未来のアスリート!」”設楽悠太”

|

鬼が笑う?

Tuukinnbike

ぼやき? 来年への展望?(絵に描いた餅?)

大田原マラソン、はじめてのDNFの反省により、一念発起で取り組みはじめた通勤ラン(実際は自転車)ですが、片道16km弱の距離は、なかなかにインパクトがありました。 19日頃より風邪をひいたために、この1週間は自動車通勤となり距離(練習)が伸びていませんが、それでも 自転車だけで500km超の距離となっています。 月末までには、見込みですが、ラン18km、トレラン7km、バイク538km となり、すべてをラン換算すると204kmとなり、12月の練習量としてはここ数年間では最高レベル!? (ぜんぜんたいしたことない、なさけない数字ですがw)

来月は、3日に一度は、バイクでなくてラン(リアルに走って)通勤するとすると、月間の練習量は更に伸びて、しかもバイクと交互に行うことで適度なクロストレーニングとなり故障もしにくく・・・

と、いうようなわけで、来年の3月の板橋CITYマラソンでは、直前3カ月をサボることなく、しっかり練習を積んだうえで、久々の自己べスト更新、3時間20分切りを達成して・・・

ん? 鬼が笑ってるかなぁ~

|

大田原マラソン出走記2017

Cimg4362_s2
年に一度の腕(脚?)試し、勝負レースであるところの大田原マラソン当日です。前日の夕方に職場を出発して、大田原市の陸上競技場駐車場に21:00に到着、雨音を聴きながら車中泊しました。

Cimg4346_s
寒い。雨脚は翌朝の9:00を回っても一向に衰えることなく、ざんざん降っています。持参したビニール袋に頭と腕を通す穴をハサミで切り込み、雨合羽として被る。9:45ギリギリまで車の中で暖をとって、さぁ! 競技場のスタートラインへ。

今回のマラソン、まぁ今回に限ったころではありませんが、いつも以上に練習不足であり、42kmを完走する脚、準備はまったくできていません。直前3ヵ月の練習を振り返ると、まともな距離走、30km練習は2回だけ、その2回も途中でリタイアしており30km走り通すことができていません。また、例年であれば片道15km往復で30kmの坂道練習を何度も行っていますが、今年はそれも0回。ポイント練習がまったく出来ていません。
かろうじてやれた練習は、職場と自宅の間の15kmをスロージョグ、8分ペースで数回のみ。
そんな状況なのですが、もしかしたら? 4時間完走は無理でも、最終関門をクリアして、ゴール地点の計時がストップされるまでの4時間15分くらいでの完走ならば・・・ うまく前半をセーブして走れば、いけるんではないか? 
多分に楽観的、希望的な思いを持ちながらスタートの号砲を待ちました。

頼みの綱は、スペシャルエイドに並べたマイドリンク&フード×5本
(塩羊羹、アミノ酸、SOJOY、チョコバー、生ローヤルゼリー)
Dscf2085_spdrink
なんだか給食レースのような?w

雨は、スタート後すぐに小雨になり、10kmを過ぎたころには止みました。そうすると、あれ?風も弱く、気温は走り易く、絶好のマラソンコンディション!?

しかし、今回もこの絶好のコンディションを活かすことなく、順調にペースを刻めたのは30km地点まででした。
Ootawara2017polar
以降、歩き交じりのスロージョグ、歩いては立ち止まり、早歩きをしてからスロージョグ。痛みをこらえつつ33km地点(関門)の与一の郷まで辿りついたところで、目の前で黄色い関門テープで遮られることに。

なぁ~に、今回は、板橋マラソンに向けての30km走の練習のひとつ! という位置づけですヨ (・・と、心の中で負け惜しみ orz)
翌朝、関門打ち切りとなった与一の郷(道の駅)に立ち寄りましたが、扇の的にむかってキリキリと弓を引き絞る那須与一とその馬の彫像がありました。
Cimg4362_s3
あれ?随分と愛嬌のある馬の顔・・・

Uma
何年か前にもらったTシャツにデザインされていた、与一を振り落として駆け抜ける馬の顔とソックリ?w

Cimg4370_s Cimg4371_s
道の駅の裏手にある神社、那須与一ゆかりの神社だそうです。
Cimg4369_s Cimg4368_s Cimg4365_s

来年の板橋マラソンこそは完走を! 祈願です! ^^

|

横浜マラニック

Vlcsnap2017053023h39m31s083
ジョグノートのラン友さんで横浜の歴史と街並みに詳しい(ガイドの資格をお持ちの)サラコナーさん主催の横浜マラニックに参加してきました。
 
去年も参加しましたが最高に楽しく、今年も同様にとっても楽しい一日でした。

動画をたくさん撮りすぎて、なかなか纏められず・・・
2_20170617_1236

|

大田原マラソン2016

Oota201601
Oota201602

去年の大田原マラソンの結果、記事にしてませんでした。
結果から言うと、なんとか(ギリギリの)完走、4時間制限の大会での
グロスタイム 4時間0分01秒 ということでした。
以下、ジョグノートの当日の日記より
----------------------------
寒風吹きすさぶ大田原マラソン、完走できました。やれやれです。

ネット 3:59:34
グロス 4:00:01

グロスのサブ4は・・ゴールに駆け込んだときにはゲットした!と思ってたんですが記録証を貰ったら・・・1秒オーバー!? まぁ、誤差の範囲です ^^;

今回の大田原も前日から車中泊をしましたが、夜半過ぎから雨が振るワ突風は吹くワで、駐車場に配置してあったテントや三角コーンが飛ばされるワで、散々なマラソン当日を向かえることとなりました。 こんななかで走れるのか? スタート前の不安は、実際に走り出してみると・・・あれ?もしかして、けっこう追い風になってるヨ w 思ったよりも気になりませんでした。 

が、絶対的な練習不足ゆえに、恐くてスピードが出せません。後半の落ち込みを回避するために、前半はとにかく無理しない、セーブして。

それでも、イーブンペースには程遠い後半の落ち込み orz

   スプリット 5kmラップ
05km 0:26:37  0:26:10
10km 0:52:50  0:25:50
15km 1:18:39  0:26:12
20km 1:45:07  0:26:28
25km 2:13:24  0:28:17
30km 2:41:41  0:28:17
40km 3:12:41  0:31:00
Goal 4:00:01  

スピードが落ち始めてから、27kmあたりからゴールまでの長かったこと。

まぁ、狙ったサブ4をゲットできたので、前半の走りは自分的には合格点・・ 補習&追試ギリギリの得点?^^;

|

より以前の記事一覧