ランニング 短距離

勝負!

夜、就寝前に。次女(高3)をさそって近所の公園までスロージョグで行き、トラックをゆっくりと走っていたら100m走の勝負をいどまれた!

このところスロージョグしかしてないしなぁ~ 
けど、○○子に負けるとは思わないけどね・・・
100mって意外と真剣にやるとダメージ大きいんだよな~
右ひざの微妙な違和感(痛み)は相変わらずだしな・・・

ちょっとした葛藤? ぶつぶつと呟いたあとで

400mにしない? OK? よし!
ということで400mのタイムトライアル勝負にしました。

次女を先に走らせました。
勢いよく走り出したけど、それで最後までもつのか?
お!300mを過ぎてもスピードが落ちない・・が
最後まで走りきれず、最後は歩き?w
結果、次女 1分29秒07

私、6年前にマスターズ短距離に(無謀にも)チャレンジして
400mの苦しさには精通?してますw
300mまでは我慢! 300m越えてからが勝負!

結果、1分27秒08 勝ったぞ~~ ♪

真っ暗な夜の公園、陸上トラックにて子ども相手にムキになって
なんて、大人気ないやつなんだろうか自分は ^^;

|

土曜の午後は・・・

先週の運動会の100m走で本人的には不本意な成績だった次女。

今日から毎週土曜の夕方、私と一緒に練習することになりました。

まだ小学生ですが2年もすれば現役中学生、うまくすれば陸上部に入ってくれるやもしれません ^^

今日の練習、走友会の準備運動(ストレッチ)や東洋大のトラックで練習している中学高校の陸上部の練習メニュー、自分の中学時代のバスケットのトレーニング内容などごちゃまぜメニューでやってみました。

練習場所の日高総合公園ではフィールドでサッカーの試合が行われており娘と同じくらいの男の子が30~40人ほどいました。

「もっと暗くなってからやりたいなぁ~」と、ちょっと嫌がっている娘を無視してトレーニング開始です。^^

・ストレッチ

・ウォーミングアップジョグ トラック4周

・両足跳び、サイドキック走り、サイドステップジャンプ走り、バックスライドステップ走り

・ちょこまか走り、ももあげ走り

・芝生で30mダッシュ×5本

・トラック(土) 60mタイムトライアル 1本

・ダウンジョグ トラック4周

60mタイムトライアルは、娘:11秒00 (私:9秒23)でした。

まだまだ私の方が速いですが追い越される日が楽しみでもあります。^^

陸上短距離のトレーニング理論がよく判っていないので、このトレーニング内容については?? 

試行錯誤の感があります。いずれ、娘が中学陸上部に入ったら娘から教えてもらおうかな? 

始める前はなんだかんだ言ってた娘ですが「来週もやりたい♪」そうです。^^

私は・・60mのタイムトライアルで右足のアキレス腱にダメージを受けて、このあとで1時間くらいアイシングでした。

ちょっとまずいなぁ・・・・・ orz

|

トレーニングパートナー

次女(小5)の運動会も100m走をストップウォッチを持って応援(観戦)しました。

学校の運動会の父兄参加の競技ですが、100mとか1500mとかがあれば参加してみたい気はあるのですが、綱引きなどの団体競技とか障害物競走のようなものばかりで純粋な陸上競技的なものはありませんでした。市民ランナー的にはちょっと残念です。

この歳になっても運動会のヒーローってのにちょっと憧れてるわけです 笑)

次男が小学2年のときに、地区の運動会と小学校の運動会を合同で実施したことがありましたが、そのときには100m走と1500m走の種目がありました。私が市民ランナーとして活動する以前のことでメタボリックな身体で100m走に挑戦してとっても悲惨な目にあいました。苦笑)
1500m走のほうは、かなり多くの参加者がおられました。市民ランナー中心の種目ですね^^

この小学校と地区との合同運動会の試みですが、2年で中止になりました。
地区(大人達)は、学校の校庭でお酒を飲んで宴会をしちゃうので、教育上よろしくないということだったようです。
学校の先生方も「傍若無人で自分勝手な大人達の相手をするのはもう勘弁してくれ~ >< 」
ということだったんでしょう。さもありなん ^^;

さて、100m走 5年女子のタイムは17秒台くらいです。 次女「頑張って走るから絶対に見に着てね^^」と、かなり自信があるようでしたが・・・5着/8人 17秒57 でした。本人、かなりガッカリしています。

夕方に自宅近くの運動公園のトラックに誘って一緒に100mを走りました。わたしは10m後方から走るというハンディーをつけての競争で、ゴール手前ギリギリのところで抜き去りました(大人げ無い^^;)

「○○○ちゃん、これから土曜の午後に一緒に走る練習をしよう。来年の運動会では一等賞間違い無しだ~♪」「ワーイ、うれし~^^」

やりました^^ 次女を短距離練習のトレーニングパートナーに仕立て上げることに成功しました 笑)

|

サブ4スプリンター・・・ ならず、すってんころりん orz

090922105030

川越陸上競技場の記録会に参加しました。エントリー種目 100m♪

ことしはマスターズ陸上参戦元年、短距離走にチャレンジ中です。

フルマラソンの場合は、初心者のタイム目標としてサブ4(4時間を切って完走する)という判りやすい目安がありますが、短距離については?

とりあえず14秒を切って(13秒台で)ゴールすることを目標にして、「サブ4スプリンター♪」 を今年のテーマにしています。

チャレンジの初レース、4月末の埼玉マスターズ記録会では 14.11(電気)でした。^^

これなら、今シーズン中の達成も可能か♪ と思ったのも束の間、練習前のウォーミングアップを軽んじたために脳血管にダメージをうけて労作性頭痛となってしまいました。5月~7月、3ヶ月間の練習禁止(ドクターストップ)を申し渡されました。 orz

8月になってボチボチと練習再開しましたが、トラック練習、スプリント系の練習は何の取り組みもできていない状態で、9月4日、短距離の今シーズンの最終レースのつもりで臨んだ坂戸陸協主催の100m走、14.09(手動)♪ 

電気計時の場合は 0.26sec ほど速い記録らしいですがちょっと気を良くしました^^

今シーズン目標の サブ4スプリンター 、あと一回だけ狙ってみようかなぁ・・・・

というわけでWGMのメーリングリストで案内があった川越陸上競技場の9月22日の記録会で(5000mの参加を促す案内だったのですが) 100mにエントリーした次第です。^^;

結果は  orz  恥ずかしいやら情けないやら・・ orz

100mは男子だけで全30組という大人数です。中学高校の陸上部が主体ですが一般参加も若干名ありました。

出走組の順番は申告タイム順のようで、私の場合は22組、出走メンバーは中学1年生と2年生でした。(8人中2名がDNSで実走6名)

スターティングブロックをセットしてお試しダッシュを1本、10mくらい走るわけですが、そのダッシュで脚がもつれて、すってんころりんゴロゴロりん orz

顔から火がでるような恥ずかしさに耐えながら、スタート位置に戻りました。動揺を抑える間もなく、スタート動作に突入です。

本番で同じように脚がもつれたら・・・それだけは避けなくては・・

そんなこんなで中途半端なスタートになってしまい最初から出遅れです orz

結果、14秒97 

サブ4? あとちょっとでオーバー5 でした 苦笑)

Kiroku

一旦家に戻り長女を連れて(16:30からの) 5000m に出走するWGMメンバーの応援に行ってきました。

「奥さんですか?」と間違えられた長女はちょっと複雑な表情 笑)

(はじめての陸上競技場の雰囲気をそれなりに楽しんでいました^^)

写真、画素数の少ない携帯デジカメでボケボケになってしまいました。

ごめんなさい! レースの雰囲気くらいしか撮れていません m(_ _)m

000 001

002 003 004 005

006

007

 

|

垂直跳び

次男の運動会ということで中学校まで応援に行ってきました。(行かされた、というのが実情ですが^^;)

中学校の運動会(体育祭)、小学校と比べて保護者の数はかなり少ないです。自分の昔を振り返っても親が見に来たことは無かったような気がするが・・^^

どうせならタイムを計りながらの運動会観戦ということで、ストップウォッチ片手に中学校に行ってきました。

100m走、さすが中学校、キッチリやってました。スタートのピストル(煙が見やすいように)黒い板を使っています。フライングもきっちり判定。ゴール地点には計時係りの子たちが待機です。

それにしても、コースが悪い・・

学校の校庭の200mトラックの直線部分を使って行われている訳ですが、コース途中が凸凹です。砂が多く使われている部分もあり足が滑りそうな場所があちこちにあります。

そんなコースを普通の運動靴で走って、13秒台で駆け抜けていきました^^

全天候トラックをスパイクシューズ、スターティングブロックを使って14秒台の自分が情けなくなりました 苦笑)

次男君、頑張って(笑顔で)走ってきました。記録は、 20秒56!

ダントツの記録ながら笑顔だけは一等賞^^ それも良かろう 苦笑)

しばらく競技を観戦、応援し(役割を果たし^^)帰りぎわに体育館を覗きました。

中学時代にバスケットをやっていたので、体育館を見ると吸い込まれるようにして入ってしまいます^^

バスケットのゴールの下に立ってバックボードに向かってジャンプ!

現役の中学の頃には、確かにボードに手が届いたのですが、さすがに今は・・カスリもしません。ボードの20cmくらい下を空振りしました。orz

垂直跳び、昔の記録を正確に覚えていませんが、ガタ落ちです。

これじゃぁ(短距離を)速く走れる訳が無いよなぁ・・・・

今度、正確に測ってみようかなぁ ^^

|

優勝♪ 金メダル♪・・・?

090905144343

市民ランナーとして走り始めて苦節4年、色々ありましたが・・

ついに第一位、優勝、金メダルをゲットしました。

ここまでの道のりは、山在り谷あり、骨折あり orz

それでも、マラソンの神様は、あきらめずに継続する者にニッコリと微笑むのです。

ん? マラソン・・100m?

それも14秒台? 苦笑)

もうバレバレですよね 笑)

市民の部の100m走、エントリー者一名(私だけ^^;)でした。 一等賞にしてその実態は・・ビリでした。^^;

坂戸市の市民体育祭ということで陸連主催の記録会に参加してきました。6月に初参加のときはスタッフ参加させていただきましたが、今回は100mと3000mを走らせていただきました。(スタッフとしては幅跳びの砂場の整地?係でした)

5月末に労作性頭痛ということで3ヶ月の運動禁止(ドクターストップ)期間があり(ただ単に練習をサボっていただけなんですが・・)、久々のレース参加でありました。

この記録会ですが、坂戸市内の中学校の陸上部が主体の合同練習のような感じで、参加者の大半が中学生です。

100m、一般参加は私だけなので、中学男子の最終組で走ることになりました。

「最終組は低学年なので、きっと速くないよ(恥かかないよ^^;)」とのことでした。

実際は、コールをされて横に並んだ子を見ると、とっても速そうな雰囲気です!

「ちょっと聞いていい?どれくらいのタイムなの?」

「12秒くらいです。」  (え! 速い)

「何年生?」

「中2です」 (おぃおぃ話が違うヨ 笑)

スタートして最初の30mで彼らの背中は小さくなりました・・ orz

ただ、結果の14秒09は、手動計時ということもありますが、この前の埼玉マスターズ記録会のときの 14秒11よりも すこしだけ良い記録です。^^

エントリーしている2つめの種目は 3000m

一般の部の参加者は、これまた二人だけ、WGMのOさんと私だけです。Oさん、調子良さそうです・・ ^^; 

よせばよいのに、一周目から後について(頑張って)走りましたが、心肺機能がもちません orz 

最初の1km 3分45秒! 1000mの自己ベストだったりします 苦笑)

1000mのタイムトライアルのペースで3000mの最初の1kmを走るとどうなるか?

推して知るべし orz

ラップは・・・

1km 3:45

2km 4:20

3km 4:37

最後の1kmは、フルマラソンの目標レースペースより遅い orz 

それでも準優勝(第二位) 銀メダルでした。 苦笑)

090905144429

何人走ったかを言わずに、頂いた賞状とメダルを家族に披露して、尊敬される父親にでもなろうか?

・・・ ちょっと無理だなぁ~~ 苦笑)

|

坂戸陸協記録会(東松山陸上競技場)

090606070644

走友会(WGM)入会時に登録した地元の陸協主催の記録会に参加しました。

正確にはボランティア?ということで競技のスタッフのお手伝いをさせていただきました^^

本当は100、3000あたりの出走をもくろんでいたのですが、ドクターストップ orz

雨の中での記録会、参加出走する選手の大半は地元の中学校の陸上部のようです。日頃の練習の成果を確認する機会として利用されている?ようです。

ということでメインは部活の子供たちですが、一般の当日参加も受け入れてくれるようです。

生憎の雨でしたが皆元気に走ってました^^

090606074122 090606100656


|

埼玉マスターズ デビュー顛末記 ^^;

090524093424













朝から雨。本降りです。上尾で行われる埼玉マスターズ記録会はもちろん雨天決行です。

9時前に上尾陸上競技場に到着し受付を済ませトラックの様子を確認しました。

Rain

水びたしです。

記録会には、昨年末に熊谷室内陸上でお世話になった河内道場の皆さんが多数参加されていました。(デレさん、玉子さん、弓やんさん、ワルさん、うめさん、ジョリーさん、・・ )

マスターズ(トラックレース)の要領が判らず、モタモタしている私を見つけては、その都度つどお声がけ下さいました。^^; 色々お世話になりました。 m(_ _)m

さて今回のマスターズ短距離レース、デビュー戦ということで事前に掲げた目標は以下となります。

目標
100m→14秒アンダー
200m→29秒アンダー
400m→69秒アンダー →66秒台

400mについては毎週末にタイムトライアルを行い、ベスト記録が67秒台だったので記録会での目標は、66秒 に再設定していました。

■100mレース

本日の第一レース、雨の中での出走です。

100mの目標タイムは、あわよくば13秒台を狙っていましたがちょっと足りません。そんな(練習しないで達成できるような)甘いもんじゃありませんでした。

結果 14秒11
09052410502801


それでも去年の14.55秒から比べると、ほぼ0.5秒の短縮です。
目標の13秒台(13.99)まで、あと0.12秒!

今回大会では、スタートロスの改善について課題として取り組んで来ました。東京体育館、東洋大での2回だけの練習でしたが、そこでの練習があったのでスタート動作に安心して入ることができました。少なくともスタートで大幅に遅れることはありませんでした。13秒台にはちょっと足りませんでしたが、タイム短縮の7割くらいはスタートロスの改善分のように思います。

■400mレース

次のレースは、11:10からの400mとなっていましたが、どこでどう勘違いしたか自分でも不思議なのですが、100mを走った後に、「次のレースは400mレースで13:00から」と勝手に思い込んでしまって、400mの最終コール3分前まで気がつきませんでした。(注意されてからあわててスタート地点に向かいます。)

ところが最終コールには間に合ったものの、
「なぜ13:00からのレースの最終コールをこんなに早くするのかなぁ」
といった感じで最終コールの意味(もう、出走直前であるという意味)すら理解しておらず、ふらふらと100mのスタート地点に舞い戻ってくつろいでました。

「あれ? 紀伊さん、もう400mは終わったの?」
「はい行って来ました^^(最終コールに)」
「あれ? もう走り終わったの?」
「いえ、まだですが?」
「?? もうスタート時間ですよ!!」
「え!」

あわてにあわて、スパイクシューズに履き替えることなくスタート地点に向けて駆け出しました。(途中でウィンドブレーカを役員席の近くに投げ置きながら)

「遅い! 何やってんだ~!」
「すいません!」

また、最終コールのときに告げられた自分のコース番号をはっきり覚えておらず、隣のコースのスターティングブロックを操作してしまい・・

「おい、自分のコース番号も判らんのか!」
「すいません!」

スタート前の失態の数々・・・タイムが遅い理由とは無関係ですが、かなり凹みました orz

さて、肝心のレース展開のほうはどうかというと

前半からスピードをセーブすることなく積極的に走っていき、予想通りに350m地点で完全な撃沈、それも完璧な撃沈となり最後は、立ち止まって歩くのを堪えながら、否、歩きながらのゴールでした。ゴール後には強烈な頭痛が襲来してきてしゃがみこんだまま動けません。orz

レース前の失態や、レース展開に関しての敗北感、レース後の消耗具合などから、レース結果(タイム)は、散々なものに違いないと思っていたのですが

結果 1分8秒19

ちょっと驚きました。

レース後の疲労感、ゴール地点でのとぼとぼ歩きの感覚から予想したタイムは1分20秒だったので、自分としては「え、こんなにいいタイムなの?」といった感じでした。

※トラブル

400mのスタート地点に駆け付ける際に放り投げたウィンドブレーカが探せど探せど見つかりません。車のキーと携帯電話が入っていますのですごくマズイです ><

30分以上うろうろ探し回り、役員の方や、競技場の管理室に問い合わせたりしましたが見つかりません。

デレさんに付き添ってもらってアナウンス席の係りの方に事情を説明し会場全体にアナウンスいただきました。その直後、400mのスタート付近の窓際にて発見されました!

自分が探していた場所とは全然違う場所でした。あわててスタート地点に駆け付ける途中でほり投げた場所をすっかり忘れてしまっていた? orz

デレさん有難うございました。
大変お騒がせしました m(_ _)m

200mレースは、13:00からなので、コンビニに直行して軽食を調達し簡単にお昼を済ませました。

■200mレース

400mレース後の頭痛がずっと続いていました。昨日の土曜の400mTTの時点では酸欠のよる頭痛であると考えていたのですが、風邪の頭痛が加味されているような気がします。

時間とともに若干痛みが弱くなったものの後頭部の痛みがずっと消えずに残りました。

あまり気が進みませんでしたが、用意してきたバッファリンを飲んで対応することになりました。

頭痛がズキズキ残る中での出走でしたが、走り出してしまえばさほど気になることはありませんでした。タイムへの影響は無し(遅いのは実力)です。 ^^;

結果 30秒02

200mという距離について、なにも考えずに走ったのですが100mのタイムを2倍したタイムよりも2秒近く遅いタイムとなっているのは??

あとでウメさんにお聞きしたところ
「普通は2倍したタイムより速くなります(速く走れればOKです)」
とのことでした。

さて、100、400、200の今回のマスターズのトラック競技、レース全体を通じての感想ですが

・スタートで取り残されることはなかった

これについては、東京体育館でたまたま練習でご一緒した縁で詳細なスタート動作の解説をいただいた美○さんのおかげです。m(_ _)m

・トップスピードが遅い

スタートでは遅れなくても、絶対的なトップスピードが遅いので、前に進めば進むほど集団から取り残されることについては・・・
これは、いまの実力どおりの走りということで仕方ないです。

・トラックレースの常識的な感覚の欠如

種目別のコール地点について自覚の無さと、コール以後の実際のスタートに到る流れ(市民マラソンには無い陸上トラックレースの常識)の欠如、まったくお粗末なことばかりで orz

失敗と後悔のマスターズデビュー戦となってしまいましたが、レース結果だけを見ると及第点かな?(我ながらかなり自分に甘いなぁ・・ ^^)

|

WGM自主練(東洋大) 5/23

明日は、埼玉マスターズ記録会、短距離レース(100、200、400)にエントリーしています。レース前日になっての泥縄対策、スタート練習を東洋大のトラックで行いました。

今日のWGM自主練参加者は・・・テルさんと私の二人だけでしたので、各自練習ということにさせてもらい、アップもそこそこにスターティングブロックを直線コースのスタート位置にセッティングしました。もたもたしてると中学高校の陸上部の集団練習が始まりますので、各校が準備運動を行っているタイミングでの練習開始です。(なんだかとっても目立ちますが 苦笑)

腰の高さを変えたり、一歩目の踏み出し位置を意識したりしながらスタブロの感覚に慣れるまでダッシュを数本♪

30分ほど色々試したころ、学生達もトラックに入っての練習を開始しはじめる頃になって、最後の1本100mタイムトライアルを行いました。(テルさんに計測をお願いしました。)

090523090606 結果は 14.18秒 でした。

明日の13秒台は、ちょっと高望みかもしれないなぁ・・・・

私のスタートを確認してからの計時開始ですので、0.2秒ほど速いタイムだと思います。実質は 14.5秒くらいかな? あまり進歩がみられません orz

ただし、昨年の千葉のスポーツの祭典での 14.55秒の走りでは、走った後で猛烈な筋肉痛が臀部に生じたことを考えると、それより速いタイムで走ったあとで、特に筋肉痛もありませんでしたので、ちょっとは成長したのかな? インターバルトレーニングや400TTなどの成果あり!といった感じです。^^

スターティングブロックを片付けてから、今度は400mのタイムトライアルを行いました。

400TT、本日の課題は、ペース配分の確認です。これまで、前半から飛ばしていって後半にスピードダウンをする走りばかりしていましたが、前半を押さえて入って後半にペースアップする感じの走りを試してみました。

途中のラップは取ってませんが、Polar RS800sdを短距離向けに設定を変えて(1秒ごとの心拍測定、ストライドセンサーの調整)計測しながら走りました。

Polar1

上は結果のグラフです。 センサーの調整が不完全なので400mではなくて379mとして記録されました。タイムは、 1分17秒 ちょっと前半の入りがゆっくり過ぎたようですが、後半はスピードアップの形で走れました。

走り終わった後で、猛烈な頭痛を感じ、その場にへたり込むことしばしでした。

痛みが和らぐのを待って、もう1本。今度も後半ペースアップの形で挑戦です。

タイムは、1分12秒 (ゴール地点で正確な停止が出来なかったので、実際は1分11秒くらいです)

先ほどの頭痛がさらに激しさを増して襲ってきました。くらくらとその場にへたり込みしばし起き上がれませんでした・・・ 

Polar2

2本目のグラフですが、なんと最高心拍数が 210 となっています @@/

そして、最高心拍数を記録した200mからゴールまでの区間では、心拍数が落ちており、ゴール地点では 100以下の心拍数となっています。有り得ません。

あきらかに、異常な心拍数です。車に例えるならば、途中でエンジンが停止したかのような状態が記録されています。 もしかして、これはかなり危険な状況だったのかな?

あの猛烈な頭痛は、心拍数が急激に低下したために、脳に充分な酸素が送られなかったための酸欠であったのかもしれません。

とってもヤバ~い状況でした。

原因として考えられるのは、アップを充分に行わない状況だったことが考えられます。これまで400のタイムトライアルを行う前には、1000のインターバルなどを行った後などが多かったです。車と同じですね。ウォーミングアップ(暖機運転)、とっても重要です。 orz

ひとつ利口になりました。(「常識だろ!」と怒られそうですが orz)

明日の400m、タイム云々よりも、死なないで完走することを第一とします ^^;

|

スタート練習(東京体育館)

昨日、週末(金曜)会社帰りに東京体育館の200mトラックに行ってきました。お目当てはスターティングブロック(スタブロ)。

来週の埼玉マスターズ記録会、今からできることでもっともタイム短縮につながることは・・スタート時のテクニック、スタートロス対策、スターティングブロックの上手な使い方の習得であると考えています。

スタブロ、短距離のレース独特の(長距離には無い)ものなので、実際に何回も走ってみて慣れる必要があります。
ところがこのスタブロ、個人で所有するようなものでもないし、学校とか大きな競技場にしか無いので利用可能な場所に行ってそこで使うしかないです。

という訳で東京体育館、14秒台の鈍足に後ろめたさを感じながらもスタブロをごそごそひっぱり出して直線コースのスタート地点に設置しました。

スタブロの利用経験といえば、高校一年の体育の授業の100m走での数回のみです。あとは去年10月の千葉スポーツの祭典での100m走での1回、去年の年末の熊谷の室内陸上60mTTでの2回だけ。基本が全く判っていません。

スタート直後のモタモタ感がありスピードに乗れない感じがしています。

我流で何本かやってみましたが・・・さっぱりさっぱり ^^;

もう止めて帰ろうとしているところに、明らか経験者の方が隣でスタート練習を始めました♪

まるでお手本を見せて下さるかのごとく素晴らしいスタートでした。

見ることは大事だなぁ・・・・

この方から後でお声がけをいただきました。高校から大学にかけて陸上の短距離をやられていたそうで社会人になってもトレーニングは続けていて今年からマスターズ(M35?)に参加されるとのことでした。
(ベストタイム 10秒8 @@/)

金曜によく東京体育館を利用されているとのことで、機会があれば練習をご一緒しましょう、とお声がけくださいました。^^

まだまだ一緒に練習できるようなレベルでは無いのですが、これからマスターズの100~400に挑戦するにあたって、ちょっと嬉しい出会を経験したようで嬉しかったです ^^)♪

[追記 5/20]

おもいがけず、ご挨拶いただいた
美○さんよりフォローアップメールを
いただきました ^^)

=====================
☆基本的なスタート

スタートは人によってやりやすさが異なりますが
参考の一つにしていただけたら幸いです。

1)ブロックの前は2足、後は3足に合わせる
 角度は基本的には後ろの方が急な角度
 (自身の体型等に合わせて微調整する)

2)手の位置を狭めてつく(肩幅より気持ち広い程度)
 (体重を支えるのが楽になる)

3)そしてヨーイ・ドンで一歩目の歩幅を小さく
 (しっかり捉えるような意識する)

 ※ それによって力んでブロックを蹴ろうという
   気持ちが減って自然にブロックに力を伝える
   ことができる

4)最初の20~30mは出来るだけ身体が起きないように
 前傾を意識する

=====================
ありがとうございます♪
大変恐縮しております m(_ _)m

さあ、週末の埼玉M記録会での100mの目標タイム、

スタート改善によって 14.55-0.5 = 14.05 => 13.99

14秒を切りたいな~ ^^

|